2022年04月17日

LEDをソケット式にした7セグ作り

ピンソケットを使って3個のLEDを並列に刺せるようにしました。
これを7つ作って8の字に並べれば、7セグメントLEDになります。
3LEDs.jpg

ソケットをこちらで作っておけば、子どもたちはLEDなどを挿すだけ。
そしてOUT端子を123456と7としてLED端子、これを7セグのa~g
に当てはめ、プログラムすれば0〜9やさらに16進数のA〜Fまで
表現できます。工作教室のネタが一つ増えました。
HAISENKANRYO.jpg

P4160963.jpg

BB5g.jpg
posted by レンズマン2 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月15日

2022年04月05日

DSPラジオキット失敗、今日はマイコンキット

完成をあせりすぎて抵抗を4ついっぺんにやるなど
丁寧さを欠いた。そのせいで、完成はしたけど
周波数が動かない。+とーのスイッチがきかない。
ということは、抵抗のところでちゃんと付いてない
ことになる。まいった。もっとちゃんと1つ1つやれば
よかった。ちょっとめげてるのでしばらくほおっておく。

で、今度はIchigoJam互換機のai.Jamつくり。
表面実装の部品をつけるのにははんだこての
先が平らな方がいいかもしれない。
そこで、買ったあった小手先に交換し、
部品をひとつひとつていねいに取り付ける
ことにした。

まずフラックスを塗る。そして片側だけ
ハンダをのせる。部品を上から置いてそのハンダを
溶かして接着。このとき、上からピンセットで押さえつけた。

こんどはもう一方であるが、今ハンダ付けしたがわの半分を
テープでとめる。これは付いてると言ってももう片方を
熱を加えてる間に最初の接着がとれてしまう可能性があるからだ。

で、固定してもう片方にハンダを流して接着・・・さいごに
テープをはがして終わり。
ij1.jpgij2.jpgij3.jpg
posted by レンズマン2 at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

DSPラジオの製作

IC2個、表面実装のハンダ付けをします。
1。ここにテープで片側を固定、片側をハンダ付けします。そのまえにフラックスを下地にぬります。
1ra.jpg
筆で塗ります。テープで固定した後、ICの端子も含め上からもう一度塗ります。
2ra.jpg

4ra.jpg
一番最後が最もきれいです。慣れですね。
3ra.jpg
あと、たくさん部品がありますが、重要な2つをやったので今日はここまで。
posted by レンズマン2 at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数学の言葉

数学ができればいろんなことが計算出来る。
もっとここまでできるとか人間の限界もわかる。
地球のキャパも
異常気象も
さて、
インターフェイス5月号別冊付録には数学で作曲という記事があった。
フーリエ変換って聞いたことはあるけど・・・えへへ(笑ってごまかす)


数学ができるようになりたいね。AIの人工知能なども数学が必要。
エクセルが使えるらしいがベクトルだとか行列だとかの勉強を
しなくては。

fr.jpg
suugakudesakkyoku.jpg
posted by レンズマン2 at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

プログラミング教室で使うマイコンは?

やっぱりIchigoJamという結論になる。
 モニターとキーボードとIchigoJamだけでOKだから。
 パソコンやインターネットを用意しなくていいから。
 そろえて教えることができるのはこれしかない。
 それにIchigoJamBASICは初心者に向いている。
 だからといって易しすぎるわけでもない。
 入力センサーやLED、モーターなどの出力も学習できる。
 BASICだけでなく、同じ回路基板で中身のファームウエアを
 書き換えればJavaScriptも勉強できる。
その後興味を持ったら自分で他のマイコンに進んでいけばいい。
小学生でIchigoJam、中学生でArduino、高校生でRaspberryPiなど
のように段階的に学んでいけるのではないだろうか。
**********************
 micro:bitもいいのだけれど、最初にビジュアル的プログラミング
に慣れてしまったらその後、コードやスケッチを記述するのは
やりにくいんじゃないかと思うがどうだろう。
 ただmicro:bitは性能が優れているのは無視できない。
特に通信機能や加速度センサー内蔵な点。それからPythonでも
プログラミング可能だったり、作ったプログラムを保存したり
送ったりするのは簡単でやりやすい。
 今現在、半導体不足でmicro:bitが購入したくても手に入らない。
であれば、そのあいだ最も一般的なマイコンであるArduinoの学習
をすすめておくのもいいと思う。
*****************
その他
 IchigoJamでカラーでゲームを作ろうと思うがPanCakeが使いづらい。
モニターが2つ必要なようだ。PanCakeよりai.CaKeのほうがいいかも
しれない。重ねるとEEPROMが使えなくなるから困るのだ。
重ねないai.CaKeがいい。
posted by レンズマン2 at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする