2021年08月25日

ネットへの接続がネック?

いろいろなマイコンがあるが、最もコスト的にすごいのは
RaspberryPi ZERO WH だろうと思う。
こんな小さなもので、WiFiもBLEもできる。2000円しないパソコンなんて
他にない。もっともインターネットになんとかつなげるが、初期の
ウインドウズみたいな速度だ。なんとかつながる程度。
しかし、繋がってブログへの書き込みができたときは驚きだった。
しかも独自の表計算ソフトなどのOFFICEソフトが使えてしかも
本物と互換性がある。その他Pythonのプログラムが書けたり
子ども向けのビジュアル的なプログラミングであるスクラッチも
入っている。RaspberryPi 3B+や、RaspberryPi 4ならスピードも完璧。
ただラズパイはOSをインストールするまで2時間以上かかる。
それがネックだ。でもRaspberryPi4の4Gなら普通のパソコンとして使える。

インターネットや普通のパソコンの機能がいらなくてプログラミング中心に
勉強したければ子どもパソコンIchigoJamがすぐできる。これはBASICなのだが、
なんとバージョンの違うファームウエア や他の言語のファームウエアに書き換えが
できるのだ。BASICにあきたらJavaScriptに中身を変えてもいい。
CPUが変わった最新のIchigoJam R はなんとPythonもできる。プログラミング言語の
学習には最適。そして安上がりなのは栃木工業高校が開発したブルーベリージャム
これはIchigoJamにUSBシリアルが最初から搭載していて外付けメモリーも最初から
ついている。そしてフルカラーLEDが6個ものっている。明らかに1000円以上お得。
同じような意味で、GR-ADZUKI FULL というのはArduino 言語とスクラッチ言語が選択
できる切り替えスイッチがついている。そしてロボットに便利なモータードライバICも
最初から乗っている。これも3000円以下で買えてお得である。

Arduino 言語は基本の基本なので、そのほかESP32系もArduino IDEが使えて魅力的である。
ESP32系(と勝手によばせてもらう)はWi-FiやBLEも乗ってるものがあるので強力だ。

micro:bitはインターネットにつないだ上でプログラミングするのがいやでなければ操作は
簡単である。ビジュアル系のプログラミングができるし、段階を追ってサンプルプログラムの
実験ができてたのしい。機能的にもいろいろ搭載していてコストパフォーマンスはすごく良い。
普通に家でインターネットができるなら誰に教わることもなくネットの中で学習していける。

以上のなかで、真剣に学習したいならIchigoJam、広くそして応用を利かせたいならArduino、
遊びたいならmicro:bitということになる。
posted by レンズマン2 at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

Hello World

掲示板のデータを変えました。
Hello World! です


マトリックスLEDを2個使ってできるといいのですが、
これから勉強していきます。
posted by レンズマン2 at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

マトリックスLEDで流れる電光掲示板

同じくデバイスプラスのページの最終実験
流れる電光掲示板、これもコピー&ペーストで
スケッチを頂戴しました。その前に昨日のおさらいで
自分でVという文字を作ってみました。
Vmoji.jpg

下は流れる電光掲示板の動画です。感動!

posted by レンズマン2 at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイナミック点灯スケッチコピー





ディレイを入れなければこうなります。目にもとまらぬ速さですので、すべて止まって見えます。
Dnomoji.jpg


デバイスプラスというページをまるごと真似しました。これです。
https://deviceplus.jp/hobby/dot-matrix-led/#04
posted by レンズマン2 at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月17日

Arduino MEGA が来たー

ピンがたくさんさせるArduinoMEGA(互換)をアマゾンで購入。
1日早く今朝ポストに入っていた。
さっそくドットマトリックスLEDのダイナミック点灯の初歩、全行スクロールを実験。
最初適当に挿したらうまくいかない。
スケッチ(プログラム)を見直して、アノードのピン指定、カソードのピン指定を
書き直したら成功!
一歩前進です。(一歩までいかないかな?)もっとがんばろう。
次はドライバモジュールを使うため、I2C通信について学習中です。
posted by レンズマン2 at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

超小型衛星「ひろがり」のCW受信

8/15 ツイッターで情報を見て、すぐに145.900MHzをCWモードで受信した。

14:45から録音開始、50秒後にCWが聞こえてきた!その後小さくなって聞き取りにくくなったり
再び聞こえたりしたが、さすがに5分後にはもう聞こえなくなったので録音をやめた。

録音はスマホを使った。m4a という拡張子がついている。
ここで再生できるかどうか・・・貼り付けてみる。
53秒、1分34秒、2分30秒、3分40秒のあたりがよく聞こえます。


posted by レンズマン2 at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

配線はあっていた

マトリックスLEDのピンをCOLとROWの順に並べ替えたところは
間違っていなかった。

ただArduino Leonardo の入力ピンが足りないので2行だけつないでみたところうまくいった。

COLからマイコンの234567(デジタル)そしてアナログもつかい、A0だけok
ROW3,6はマイコンの9と10に挿した。あとの端子は使えないようだ。
結果はこの写真のようになった。2行は交互に点滅しているが、スローシャッターで
両方写るようにした。なお、もっとたくさんピンがさせるArduino Mega 買うことにした。
(I2Cが自在にあやつれればひつようないのだが)今日はここまで。
P8150739.jpg

P8150735.jpg

動画はこれ
posted by レンズマン2 at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする