2021年08月17日

Arduino MEGA が来たー

ピンがたくさんさせるArduinoMEGA(互換)をアマゾンで購入。
1日早く今朝ポストに入っていた。
さっそくドットマトリックスLEDのダイナミック点灯の初歩、全行スクロールを実験。
最初適当に挿したらうまくいかない。
スケッチ(プログラム)を見直して、アノードのピン指定、カソードのピン指定を
書き直したら成功!
一歩前進です。(一歩までいかないかな?)もっとがんばろう。
次はドライバモジュールを使うため、I2C通信について学習中です。
posted by レンズマン2 at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

超小型衛星「ひろがり」のCW受信

8/15 ツイッターで情報を見て、すぐに145.900MHzをCWモードで受信した。

14:45から録音開始、50秒後にCWが聞こえてきた!その後小さくなって聞き取りにくくなったり
再び聞こえたりしたが、さすがに5分後にはもう聞こえなくなったので録音をやめた。

録音はスマホを使った。m4a という拡張子がついている。
ここで再生できるかどうか・・・貼り付けてみる。
53秒、1分34秒、2分30秒、3分40秒のあたりがよく聞こえます。


posted by レンズマン2 at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

配線はあっていた

マトリックスLEDのピンをCOLとROWの順に並べ替えたところは
間違っていなかった。

ただArduino Leonardo の入力ピンが足りないので2行だけつないでみたところうまくいった。

COLからマイコンの234567(デジタル)そしてアナログもつかい、A0だけok
ROW3,6はマイコンの9と10に挿した。あとの端子は使えないようだ。
結果はこの写真のようになった。2行は交互に点滅しているが、スローシャッターで
両方写るようにした。なお、もっとたくさんピンがさせるArduino Mega 買うことにした。
(I2Cが自在にあやつれればひつようないのだが)今日はここまで。
P8150739.jpg

P8150735.jpg

動画はこれ
posted by レンズマン2 at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動いた!

プログラムを見たら、デレイの前にスラッシュ2本//
コメントになっていた。これを消して有効な命令にしたら
動いた、ついでにもっと遅く200に変えてみる。
他のピンで有効でないものが抜けているが原因はわからない
デジタルピンがたりないせいか
とにかく動いたのは一歩前進。
posted by レンズマン2 at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月14日

マトリックスLEDドライバできず、直接点灯に戻ってやりなおし

I2Cのプログラムがわかってないので、どこをさがしたらよいのか迷う。
結局やめてダイレクト点灯を真似してみる。

1行だけついた!ピン番号のCOLとROWの仕分け(極性)はあってるということか。
COLが6個しかつないでないのに8個点灯してるのはCOL1個に対してROWすべてが正確に
対応していて8個点灯していることになる。線を抜けばどのCOLで点灯してるのかわかる。
たぶんA0のところ?


chokusetu .jpg
posted by レンズマン2 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マトリックスLEDドライバにとりかかる

ほんとうならこの一段階前としてマイコンに直接LEDを配線して実験します。

普通にArduinoでダイナミック点灯してもいいのですが、

むずかしいですがせっかく買ったドライバを使おうと思います。
ドライバの意義は、コンピュータに負担がかからず制御できるところです。
制御はI2Cで行います。ドライバからマイコンは2線制御なのです。プログラムがそのぶんむずかしい?
ドライバからマトリックスLEDには線をたくさんつなぎます。ブレッドボードの空間をつかって
そこにピンからもっていきます。ピン番号が順がむずかしいのですが、最低でも+と−を間違えないように
します。ドライバにCOLの番号とROWの番号がかいてあるのでそのようにつなごうと思います。
ただ0から7とかになっていて、1から8ではありません。その点注意。
haisennka.jpg
マトリックスは2個制御できるはずですが、とりあえず1個だけつないでみようと思います。
極端な話、1行、1列でもいいです。すると1個だけLEDがつくことになりますが(交差したところ)。

あと、PCとマイコンをつないでスケッチを書かなければなりません。
LEDの電源はマイコンからとるのかな。VCCですね。
だいぶ見通しが出てきましたが、スケッチをどこかでみつけなければいけません。
自分ではかけません。
今日はここまでの報告になります。どうなることやら。
たぶんやってみればかんたんということになるのでしょう。だれでも
最初はできてないと思います、ガンバレ自分!!


posted by レンズマン2 at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月13日

Ichigo Dotsであそぶ

イチゴドッツ、秋月で買いました。

IchigoJamのCPUを使っています。それで1000円程度です。お買い得?

いくつかゲームが入ってます。みくじ、HIT10、連打、おどる人形など

P8130715.JPG

P8130717.JPG

P8130719.JPG
posted by レンズマン2 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

ドットマトリックスLED検査器作りました

購入したドットマトリックスLEDがすべて正常に点灯するか調べるものです。
不良品なんてあるわけないのにとにかく点けてみたかったのです(笑)
たいして役にはたちません。仕組みのべんきょうになりました。
MTXLEDCHKER.jpg
ピンの3、4、6、10、11、13、15、16に330Ωの抵抗をつけ、電池のプラスへ、
ピンの1,2,5,7,8,9,12,14に電池のマイナスをつないだだけです。
これですべてのLEDが光ります。
ちょっと汚くなったけど、新しい基板などに取り替えず最後までやりぬきました。

hannda.jpg

kennsaki.jpg
posted by レンズマン2 at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しいピン番号と行列

このドットマトリックスLEDの回路図を見たら次の通りになってました。
で、正しい向きにしてピン番号も正しく直しました。

LEDの側面に文字が書いてあるほうを手前にすると裏側の下のピン
に1から8までをふり、上へいって折り返すように9から16までのピン番号を
ふります。
mukiLED.jpg
jikkennMXLED.jpg
そうするとCOL8(8列)のROW7(7行)の所はデータシートの配線図では
ピン16が+、ピン2をマイナスにつなぐと点灯するようになってます。
COLに+、ROWに電源の−をつなぎます。(COL8列、ROW7行)の位置がわかりますか?(X,Y)のように考えてください。
ピンは16と2です。ややこしいですね。+で使うピンは9,14,8,12,1,7,2,5(ROW1〜8)で
マイナスに使うピンは13,3,4,10,6,11,15,16となっています(COL1〜8)。

回路図MX.jpg
posted by レンズマン2 at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マトリックスLED、1個1個のLED確認

裏を見ると片側8本づつ左右で計16本の接点がある。
1〜8,9〜16と番号をふり、どことどこを+−にすれば点灯するか
1個1個調べてみた。YouTubeを参考にしてやっと理解した。
写真は14を+に6をーにしたとき、左から2番目、下から2番目の
LEDがついているところです。
MTRXLED.jpg

なので片側の1〜8が+で9〜16がーというわけではないのです。けっこう複雑。
posted by レンズマン2 at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月11日

モジュールのピンヘッダハンダ付け終了

ピンヘッダをブレッドボードに挿しておいてその上にモジュールを置いて対角から順に
ハンダ付けした。100均の拡大メガネを使用した。うまくいったので、ブレッドボードに配置。

ブレッドボードはちょっと長いやつを2枚買っておいたのでそれを使う。8X8のマトリックスLEDを2個横に
つなげる。それとドライバモジュール。
マトリックスLED1個でもブレッドボードの上下はいっぱいになってしまうので、2枚を連結して、またがるように
配置する。2枚かっておいてよかった。この長いやつは電子工作YouTuberのトボリさんが買っておいた方がよいと
言ってたのでそれをまねしたもの。たしかに必要だ。

さて次は配線、そして抵抗がたくさんいるな。何Ωが適しているのか。調べなくては。
進み方が遅くて申し訳ないが今日はここまで。なにせ苦手なので行列・・・

余談だが、数学でも行列というのがある。大学で線形代数学の先生が私の友人2人がしゃべっているのを注意し、
お前は先日のテスト何点だ?と聞いてきて、その友人K君が「満点です」、もう一人O君は「80点です」という場面が
あった。先生はびっくりして、そうかと言っただけだった。私はその時65点程度だったので、この目の前で起きた
事件にショックをうけ、それから線形代数学の行列を勉強する気がなくなった。(ただのいいわけです。)
マトリックスLEDドライバモジュール.jpg
posted by レンズマン2 at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

マトリックスLEDドライバを買った、が・・

電光掲示板などに使われるマトリックスLED、よく考えると一つ一つのLEDで行列を作っているだけ。

えーと行がROWで列がCOLかな?ドライバモジュールの接点表示ではCOLでなくCOMとなっているのかな。

2個使う場合、横が多いからROWが16接点、縦が8接点かな(COM0〜7)。

そしてこのモジュールをマイコンと4本の線でつなぎ、I2Cという方式でコントロールする。らしい・・・

多少配線が間違っても、プログラムを入れ替えれば正しく動いてしまう。(間違わない方がいいが)

なので人生トライアンドエラーだ。やってみなきゃはじまらない。

どんどん失敗した人がうまくなるのだ。

今日はここまで考えてきて終わりにしよう。あしたはモジュールのハンダ付け。

そしてブレッドボードに載せて、マトリックスLEDとつなぐ予定。

少しやる気になってきた。(いいことだ、うん)

doraiba.jpg
matorikkusu.jpg
(同じ物を2個買ってある)
posted by レンズマン2 at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

アルコールストーブ作りでハサミの活用

ドリルでたくさん穴開けしてカッターで切っていたが、
粉のゴミが出るのと手間がかかりすぎなので、鈍いハサミで切ってみた。
このハサミは紙などはうまく切れないが金属などはちょうどいい。
で、この結果だが・・・切れ方がきたない。危ない。
時間はかからないのはいい。


やはりサークルカッターで軽く線をつけて、ちょっと丈夫なカッターで
刃を入れていくのが一番きれいにいくかも。
だが、作業が楽であることは確かだ。
作業に時間がかかることはそれだけ怪我のリスクが増えることなので
もうすこしうまく切ればこの方法は採用である。
kannkiribasami.jpg
posted by レンズマン2 at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一体プログラミング教育って何をやらせんの?!

何がしたいのかよくわからない教育が多い。
なんとなく時代に遅れずにやってますよーみたいな
かといって徹底するわけでもなく。自信がなく、こわいから・・
それでいて誰も反対しないだろうという線で物事を進めていく。
やってもやらなくても同じ

何を教えたいのか?
たとえば理科だったらもう50年以上前から物質の原子分子などの
考えは教えようとがんばっていた。中学2年で分子の大きさを測る実験を
していた。これはすごい。オレイン酸が一層で広がるのを利用して分子の大きさを求めた。

技術だったらエンジンのしくみ(内燃機関)、真空管のはたらきとラジオのしくみ
など。やっていたのだよ。

これは30年後、50年後はもっとすごいだろうと思ったが全く進歩がない
どころかエンジンや真空管またはトランジスタ、ICなどまったく教える気がない。
技術立国なんかじゃあ全くない。

ロボコンの世界大会など見てると、ベトナムなどが強い。賢い。
日本は恵まれすぎて勉強しないのか。もともと頭がわるいのか。

だれでも平均的な学力を身につけさせようというのがどうもおかしい
もっと早くからコース別にしたほうがむだがない。
時間と資源と環境をむだにしている。
なにもやらない、何も足さない、なんてどっかで聞いたような・・・

そこへプログラミング教育。いろんな教科のいろんな場面において
意識して行うらしい。ふざけたはなしだ。

なぜ新しく教科を作らない。やるとなると大変だからだ。責任はだれが
とるか、だれもとりたくない。。。。で、今まで通りだけど、いろんな場面でやってますよー
となる。
プログラみんぐって民具じゃないんだから。
もっとバシッと設定してぐいぐいやれや!

で、いろんなマイコンを見てきたけど
じゃあプログラム言語ってなに?

コンピュータとはどういうものかというと
計算、記憶、判断、センサー感知、出力コントロール
などが出来ることだ。これらの特徴を使って人間の生活を
サポートするからくりをあらかじめ作っておく事がプログラミングと
いうわけだ。

なので、そのような事が出来るならば、プログラミング言語なんて
なんでも同じだ。多少、使いやすさで差が出てくるが、やることは
変わりがない。

だからBASICでも充分コンピュータ的な考え方は身につく。
今最も人気のあるPythonもやろうとすることはBASICとなんら変わりがない。
もともと方法手段なのでどれを選んでもやろうとすることに変わりはない。

変数をどうするか、表示をどうするか、計算結果がすんなり出るか、などの
ちがいだけだ。

IchigoJamを使ってこれらのコンピュータの特徴をすべて引き出せれば
BASICでもよいわけだ。センサーで入力、それを判断や計算して、モーターやLEDなどの出力を
コントロールできればOK。

プログラミング教育と言っている人はそのへん自分で理解しているのだろうか?
何を教えたいのか?すべての教科の中でやる必要がどこにあるのか?ほんとうにできるのか
なにが身につくのか?教えて欲しい。やってますよー的な教育課程いじりはもうたくさんだ。




















posted by レンズマン2 at 02:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月29日

電解コンデンサの破裂

普通の100μFの電解コンデンサと思うが、破裂しているのが見つかった。

それは動かなくなった赤道儀、ナノトラッカーのコントロール装置部内のこと。

コントロール装置の電子部品でハンダ付けなどをやり直してみたがとうとうカチカチ

いう音もすぐ聞こえなくなって、メカ部も動かず、数ヶ月放っておいたのだ。

で、昨日電子部を開けてみたら、なにやら綿のような繊維のようなゴミが内部に

あるではないか。変だないつこんなゴミが。。。と思っていたら。。。

それは・・・なんと。。。。電解コンデンサのなれの果てだったのだ・・・・・

まさに真夏の夜の夢?怪談か!!

これまで生きてきた中で、トランジスタを破裂させ、LEDを破裂させ、そして

LR44の電池の破裂も間近で見たことがある。

ついに電解コンデンサの破裂後を見てしまったのだ。バンザーイ!??

なので、人工衛星などが宇宙に行って真空の中で電子部品はほんとうに大丈夫

なのだろうか。働き過ぎて熱をもち、真空の環境のなかで爆発することは

充分かんがえられるのではないか?。。。心配です。
posted by レンズマン2 at 00:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

NOAA19の信号?

偶然ピーピッを繰り返す電波を普通のFMトランシーバーで受信した。あとで確かめたらNOAA19の周波数だった。
音を録音したので聞いて下さい。これをデコードできれば雲画像が得られるはず。
posted by レンズマン2 at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

トカゲ

tokage.jpg
posted by レンズマン2 at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

NOAA受信機調整

NOAA18.jpg
posted by レンズマン2 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

関東地方良く晴れてます

今日の黒点です
202107160951.jpg
posted by レンズマン2 at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

気象衛星受信ソフト

「気象衛星NOAAレシーバの製作」
プリント基板付き書籍3600円、部品代8000円、ケース1100円、やっと組み立てた。
受信機ができたら、こんどはいよいよ受信した音声データを画像に変換するソフトを使わなければならない。
紹介されているWXtoImgというソフトはインストールしようとしたらエラーになってしまった。昔のWindows用だからだろう。
いやいや、ちょっと困ったぞ。だが、他にデコードソフトはないのか?するとKG−APTというソフトでもできるらしい。
お、これは実は昔のノートパソコンにインストールしてあった。忘れていたな。これでできるかもしれない。
デコードソフトの原理がわかって自分でソフトが作れればどうってことないのだが、無知なので手も足も出ない。
出るのはため息ばかりなり。また明日以降試して見よう。今日はここまで。


posted by レンズマン2 at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする