2020年02月08日

「止める」のは簡単か?プログラミングに学ぶ

プログラムを止めようと思ってESCキーを押してもロボットは暴走するかもしれない。
なぜかというと、どこでESCキーが押されたか電源がONになった次の段階でブレイク
してもその電源の状態が続いているので、結果ロボットはそのまま走行を続けるという
わけ。こういうことを理解してないとそのプログラムを終了することはできない。
かえってパニックになり、あたかも暴走してるように見える。だから終わり方をはじめから
考えておかなければならない。パルスで電源を入れてれば確率的には50パーセント止まるだろう。
しかし、これも2回に1回ではしょうがない。

プログラムを組むということは、どこで邪魔が入ってもうまく終了できなければいけないと思う。
だがこれが結構難しそうなのだ。だから、家電製品にしても、最悪電源コードを抜いて下さいなどと
書いてある。抜いても記憶がメモリーに残ってしまう場合などもある。

プログラミングはただ単に命令を覚えてそれを書けばいいのではないということだ。
人間工学的に使う人に合ってなければならない。

どう見ても暴走などしない老人の車がなぜそうなってしまうのか?持ち主のありえない行動を
しない車をつくってないからだ。老人リミッターなるものを作った方がいい。
いざというとき、どういう運転にするかシチュエーションをあらかじめ選択しておけばその他の
行動は取らないようにすればいい。加速性能はいいかもしれないが、プログラムができないなら
総合的な性能が致命的に悪いという評価をすればいい。

止めるということは、行動したり動かしたりする時と同じように手順が大切だ。ただぱっと
止まると思ったら大間違いだ。
posted by レンズマン2 at 00:50| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

小さくても arduino

秋月で購入したAE-ATMEGA328−MINI こんなに小さくてもアルドゥイーノプロミニ互換です。
3色LEDのコントロールが普通のアルドゥイーノと同じようにできます。すごいですね。
P2050539.jpgP2050543.jpg
posted by レンズマン2 at 14:13| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

マイコンのモバイル電源

IchigoJamをロボットにのせるため、電池を電源としたい。
5V以上必要なので、4本直列で6Vにする。4本のケースが
なかったので2本のケースを2個直列につないで作った。
ちょうどマイクロUSBーUSBのコードを切ったものが転がっていた
のでそれを使う。線は4本、その中の赤と黒を使う。普通に
赤を電池のプラス、黒を電池のマイナスにした。

ハンダ付けが終わり、IchigoJamにつなぎ、キーボードもつないで
電源が正しく生きているか確認する。キーボードからLED1リターン
でちゃんとLEDが点灯しました。成功です。
USBdenn.jpg
posted by レンズマン2 at 00:05| Comment(2) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

表面実装のハンダ付け

IchigoJamの心臓部であるLCP1114と、それを載せる基板を買った。
ただし、ハンダ付けはかなりむずかしい。フラックスを塗らなくては
できないようだ。フラックスはいろいろ種類があるので買ってないが、
いろいろ記事を見てFS-200というのが候補である。他にサンハヤとでも
出している。またトンカチで見て見よう。秋月では筆ペンタイプであるが
少し高い気がする。。
まだ少しおいておこう。とりあえず子どもたちにこんなに小さいですよと
見せるためなので、今は半田付けしない。
maikonn.jpg
posted by レンズマン2 at 00:39| Comment(1) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

EEPROMの5個目完成!

5個目になるEEPROM自作。半田付け配線完璧、IchigoJamにのせて点検、一発でOK、
ばかでも学習すれば利口になるってことを照明>証明した。やりました。
一番手前が5個目の作品です。
5kome.jpg

posted by レンズマン2 at 01:29| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

EEPROMモジュール自作

ものすごくスマートな?配線になった。
なにか岡本太郎的な芸術品に仕上がりました。
動作すれば、いいんです。いいんです。
ソケットも買いました。気がついたことですが、
ソケットなどはブレッドボードには挿しにくい。
縦横の関係で、挿しても出てきてしまう。
90°ねじ曲げればいいかと思うが、むずかしいので手を加えたくない。
やはり基板に半田付けしようとなった。
PC020478.jpg
ジャンパーコードよりもふらつかないので扱いやすい。
いろいろな形にして芸術を楽しめる??90円のEEPROM。
ソケットを逆にしてしまったので、半田ごてでプラスチックに
くぼみを逆側に大げさにつけた。でも最初からのくぼみはそのまま(笑。
rom.jpg
下の写真、IchigoJam S では黄色はSCLにつないでいます。
これまで作った2個はどうも配線が間違っているようだ。
修理して作り直そう。
posted by レンズマン2 at 09:52| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

USBシリアル変換でIchigoJamとPC連携

IJUtillities64というソフトを使えばモニターにもなるし、PC上でプログラミング可能。
ネットからもゲームがダウンロードでき、それをSAVEできる。

IchigoJamをケースに入れたままジャンパー線でUSBシリアル変換モジュールにつなげ
ばOK、それをPCのUSB端子に挿す。ショーケースに入っているようで、美しいと思う。
usbsetuzokuz.jpg
moni485.jpg
PB260439.jpg
右側に黒いモニター画面が現れてPCのキーボードでIchigoJamを操作してゲームができた。

posted by レンズマン2 at 14:56| Comment(1) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

子どもパソコンIchigoJamの外部記憶装置

税込みで280円、これは必要だ、特にまじめにプログラム作りをやろうとしたら、少しづつ
作った物をSAVEしてためていかないといけない。本体だけでは4つしかSAVEできない。
外部記憶装置で64個のプログラムを新たに保存できる。
BASICの勉強は1文字でも間違えて打ち込むと動かないので、かなり根気がいる。
せっかく打ち込んだものを残しておけなければ前に進めない。
しかしこれがあればすごく多く学ぶことができるだろう。
間違っていてもとりあえず保存し、次回は必ず前回やったところから
間違いをさがしながら進むのだ。
いままでどうもやる気がしなかったのはこのことがネックだったのだ。
これでIchigojamもおすすめすることができるようになるというものだ。
かえって思考力とかはこういう基本をやった方が鍛えられると思う。
なんでもできるPCを最初から与えられた場合、使うだけはできるけど
創造することはあまりできるとは思えない。
PB070041.jpg
ファイル番号は100番から163番までである。
posted by レンズマン2 at 00:22| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ラズベリーパイZeroWHのUSBハブ

ラズベリーパイZeroWHのUSBポートは一つしかない。そこでキーボードとマウスをつけるのにUSBハブを使って
ハブを増設することが考えられる。実際のはなし、入門書にそれが書いてあった。しかし、USBハブは安物を
買うと反応しなかったりソンをする。で、1400円ぐらいの確実なものが必要。
でもよく考えたら、ブルートゥースという手があった。
ラズベリーパイZeroWHはWi-FiとBluetoothの両方が使える。Wi-Fiはインターネットに使用、残ったBluetoothを
キーボードに使うのだ。そしてUSBにマウスをさす。なぜかというと、Wi-Fiの設定や、Bluetoothの設定にマウスは
欠かせない。まず設定画面でBluetoothの電波をキーボードとカップリング?させてキーボードが使えるようになったら
今度はキーボードからWi-Fiの設定、パスワード?を入力してインターネットにつなげる手順だ。

Bluetoothのキーボードはだいたい2000円くらいからある。一度ペアリングしていれば、次からは電源をいれれば
自動的にさがしてペアリングするはずだ。30秒ぐらいかかるかもしれないが。

これがキーボードをUSBに、マウスをBluetoothはまだやったことがないが、Bluetooth対応マウスは1400円くらい。

両方いっぺんにUSBワイヤレスという手もある。2.4Gと書いてあるのは付属しているUSB送受信機をさしてから
使うようになっている。2.4GはBluetoothではなくUSB仕様なのだ。

USBめもりーなどを使わない限りハブは必要ない。さて何を選択しますか?



   
posted by レンズマン2 at 00:39| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

TVモニターの電源電圧

子どもパソコンIchigoJamを使う際、4.3インチのモニターを使うなら12Vの電源がいるなーと
思っていた。パソコンじゃ19Vだしな、まてよ、モニターの仕様には9Vから32Vと書いてあった
はずだ!9Vでも使えるかなと思っていたが、逆に大きい電圧でも32V以下なら大丈夫。
そこで昔使っていたパソコンのACアダプターを見たらプラグも似た大きさである。極性は外側マイナス
で適合。つないで見たら見事にモニターの画面が映りました。

IMG_1220.jpg
posted by レンズマン2 at 22:26| Comment(1) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

初心者向けマイコンはどれがいい?

子供向けのイチゴジャム、ライブラリー豊富なアルドゥイーノ、LINUXを基本にしたラズベリーパイ、この3種のうち
子供の入門向けマイコンはどれがいいか考察してみる。
IMG_0209z.jpg
左上がIchigoJam、その下がアルドゥイーノ、右上がラズベリーパイZeroWH
右下がラズベリーパイ3B+である。

まず価格がイチゴジャムは1500円程度でこれにグラフィックボードを乗せると
さらに1500円、合計約3000円である。
次にアルドゥイーノは2900円、ラズベリーパイはいろいろあって上のZeroWH
で約2000円、ZeroWなら1300円、ただのZeroは600円、モデル3B+は約5千
500円である。

イチゴジャムはBASICでインターネットはできないテレビのRFアンテナ端子を
使う。グラフィックボードを乗せればカラーで自作ゲームなどが楽しめる。
セーブできるプログラムの数は少ない。キーボードは昔のPS2である。
純粋にベーシックのプログラム言語を教えるにはいいと思う。ファンのサイトで
いろいろなプログラムなども手に入る。4.3インチモニターは秋月で2700円で
あるが、ネットで1600円で手に入れることもできる。車載モニターをはずして
流用できる(もともと車載バックモニター)なんだかんだで5,6千円かかる。
IMG_0216z.jpg
     イチゴジャムにグラフィックボードをのせたところ

アルドゥイーノはパソコンでプログラムを作って送り込む方式。ライブラリー
が豊富なので、C言語を知らなくてもプログラムを改造したりしていれば、自然
に覚えていけるだろう。やはり基本的なC言語に親しんだ方がBASICより実践的
だと思う。イチゴジャムからこちらに乗り換えたときはちょっと感動したものだ。

ラズベリーパイはよく知らなくて手をつけてなかったのだが、モデル3B+を購入
してみて、非常に感動した。小さなデスクトップパソコンである。一番高い価格
だが、コストパフォーマンスは逆に一番である。さらに安いZeroという選択もある。
入門用にはZeroが最適、ZeroWならネットやブルートゥースも搭載なので完璧。
人気が高いので品切れ状態である。カメラもつけられる。豊富なLINAXの財産を
享受でき、ラズパイ用のオフィスのインストールされている。Zeroでもラズパイ
には変わりない。すごいことだ。もちろん電子工作やプログラミングがマイコン
としてできるのは他と変わりない。
IMG_0218z.jpg
     ラズベリーパイ3B+にカメラを装着したところ

 以上述べたようにラズベリーパイは普通にデスクトップパソコンとして、また
プログラミングの用として、モーター制御やセンサーなどを使った電子工作用と
してというふうに3つの機能がどれも素晴らしい。

最近ではアルドゥイーノも無線LANモジュールや本体内蔵モデルなども出ている
ようでそちらも捨てがたいが、ラズベリーパイのように何でもできるとプログラム
作りには集中できないかもしれないので、ネット接続はできなくていいかもしれ
ない。どっちみちPCにはつなげてライブラリーをゲットし、自分用に書き換えて
からマイコン本体に送信する感覚がちょっと快感でもある。

追記:ひとつ忘れていたが、IchigoJamは自分でハンダ付けしてつくるキットと
   完成品とが売られている。自分の作ったマイコンでプログラムを学んだり
   ゲームをしたりすれば一段と感動的で楽しいことは確かだ。




posted by レンズマン2 at 11:41| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

「ラズパイZeroWH」のケースを自作する

ネットで見ると、ラズパイZeroがちょうどフリスクのケースにぴったりと言う記事
がたくさん見られる。そこで私も真似してみた。
IMG_0120z.jpg
全部真似ではない。YouTubeにあったのと逆向きに基板を置いてみた。
これでSDカードとカメラケーブル引き出しの穴は逆になる。自分は
この方がいいと思い設計した。
IMG_0112z.jpg
カメラのアダプターケーブル引き出しの
窓は次回まわしとする。

OSのmicroSDカードの穴は2ミリのドリルで開けた。
出っ張りが少ないため取り出すときのために少し上の隙間を拡大した。
IMG_0122z.jpg

最後にしっかり基板を固定するのに消しゴムを切って2カ所に挟んだ。
昨日の午後から取りかかり、今日の午前中に完成。ちょっと肩がこった。

IMG_0114z.jpg
IMG_0117z.jpg


posted by レンズマン2 at 12:14| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

USB接続

今日のラズパイ作業、
  最新のラズベリーパイ3B+は最初の起動がUSBからもできるという
 記事を見つけてやってみた。OSイメージをBalenaEcherというソフトで
 8GのUSBに焼いてみた。
 そして、SDカードは抜いて、焼いたモノをUSBポートに挿してON!
 見事立ち上がりました。今までのラズパイでもできたそうですが、設定が
 面倒だったということで、この3+はそのまま挿してすぐ立ち上がるのです。
 これはすごい!
IMG_0014z.jpg
posted by レンズマン2 at 14:18| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

スクラッチでプログラムを組む

子供用の本の通りに読み進めていって
書いてあるようにプログラムしてみた。

猫が右に行き端に来たら逆に進む。
上下が逆さにならないようにもする。

ずっと繰り返すプログラムだ。
できた!保存もOK
IMG_2402z.jpg
今日はキーボードは無線でつなげた。
ブルートゥースで接続した。
最初にキーボード側でTABキーとファンクションキーFnを
同時に押さないとコンピュータのほうで認識してくれない。
数秒押してると画面にキーボードの名前が出てそれを選択し、
OKボタンでカップリング成立。
キーボードは使えるようになる。

IMG_2406z.jpg



posted by レンズマン2 at 23:33| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

ラズパイ、カメラ接続。

カメラ接続をもう少し詳しく。

ディスプレイを一回外す。

IMG_2274z.jpg


コネクタを探す

IMG_2276z.jpg

プラスチックの黒いカバーを慎重に持ち上げる

IMG_2279z.jpg

カメラレンズ。まだ保護カバーがついている。

IMG_2282z.jpg

配線リボンを黒いプラスチック押さえと共にしっかり差し込む。

IMG_2281z.jpg

ディスプレイをもう一度合体。リボンをうまく間から出す。

IMG_2284z.jpg
コマンドを打ち込み、カメラをこっちに向け、リターンキーを押した。
一瞬カメラレンズの側のLEDが赤く光り、写真撮影完了。
IMG_2292z.jpg

ファイルマネージャーを見ると、JPGファイルが増え・・・それを開くと・・・

IMG_2291z.jpg
撮れていました。
IMG_2293z.jpg
posted by レンズマン2 at 15:18| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

ラズパイにオフィスを入れる

ラズパイ2には最初から入っていたらしいが、自分のラズパイ3を
見ると入っていない。
そこでネットにつないだ状態でコマンドを打ち込み
インストール。コマンドはたった1行でよい。
ただし、終わるまで時間がかかるので他のことを
やっていよう。(最初に続けますか?のYは入力のこと)
役10分かかって終了。
全部英語だけど一応インストールできた。
IMG_2210z.jpg

IMG_2215z.jpg
オフィスの表示が加わった。

IMG_2222z.jpg
IMG_2225z.jpg

昨日歩いたせいか今日は足が痛い。。早く寝よう
posted by レンズマン2 at 23:19| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

ラズパイで日本語入力可能に

ハードオフで800円で買ったキーボードからいろいろコマンドを打ち込み
なんとか作業終了、あれ?できない。と思ったら再起動するの忘れてた。
無事にメモ帳に日本語入力できました。
IMG_2177x.jpg
posted by レンズマン2 at 23:26| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

ラズパイでインターネットに接続できた!

XXのマークをクリックし、電波を探す。
一つ選択して接続のためのパスワードをキーボードから入力
するとXX印が電波印になってみごとつながりました。
ラズパイの設定はまだ不完全のところもあるのですが
ひとまず接続できたことはうれしい。
自分のブログやら、フェイスブック、ヤフーなどを閲覧
IMG_2132z.jpg
IMG_2129z.jpg
IMG_2135z.jpg
posted by レンズマン2 at 15:38| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ラズパイ、日本語設定

今日はハードオフにいってキーボードを買ってきた。
コマンドを打ち込むためだ。(タッチパネルの設定で必要?)

まず日本語設定をしなくては・・・
ネットで調べてからその通りに・・・
MENUからPrefarenceをクリック
そしてまた出てきた帯から
下から二番目のラズパイのマークの
RaspberryPiConfigurationを選択
Localization
SetLocateで

Language=>Japanese

Country=>Japan

Chorector Set=>UTF-8

Set Time zone

Area=>Japan

keyBoadこれがわからなかったが適当に選択

OK YES
再起動するか聞いてくるので
Yes
再起動したらみごと日本語表示になってました
ここまではキーボードは使わず、マウスだけでできた。
posted by レンズマン2 at 19:01| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

「ラズベリーパイ3B+」 購入

ラズパイを秋月でネット注文し、購入した。
ちょっと高いけど最新のB+を買った。
性能もアップしている。
他にはケース白、電源5V3.0Aのもの、HDMIケーブル、USBケーブル、ミニSDカード
ついでにカメラボードも購入。

そしてOSをネットからダウンロードしてミニSDカードに書き込まなくてはいけない。
そのまえにSDカードの初期化、OSを書き込むためのソフトもダウンロード。
いろいろな手順をネットで調べながら行った。
昼食をはさんで3時間ぐらいかかった。
SDカードを入れて、HDMIケーブルをテレビにつなぎ、最後に電源を入れた。
あれ?つかないぞ?もう一度SDカードを挿し直し、テレビの入力は1から2に変えてみる。
電源を入れる。今度はランプが2つついて動いた!テレビにラズベリー?が4つ画面の上に
現れる。そしてウエルカムの大きな画面、最後に道路のバック画像。できた!やった!


IMG_2053z.jpg
IMG_2059z.jpg

IMG_2066z.jpg
IMG_2072z.jpg

ここでキーボードがないのに気づく。そうだマウスだ、マウスをつないでシャットダウンを選択し、終了し、電源などを外せた。
よかったよかった。 こんどキーボードを300円ぐらいで買ってこよう。
posted by レンズマン2 at 12:06| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする