2021年01月24日

カメラの分解

キャノンオートボーイがとうとう壊れて電池を入れても動かなくなった。
このレンズはすばらしいのでレンズだけ取っていかせないか。
kbunkai.jpg
40ミリという短い焦点なので一眼レフにつけるとミラーに当たってしまうおそれあり。
そこで、ミノルタSRT101ならミラーアップが出来るので最初からミラーアップして
そこにレンズをとりつけることにした。
clens.jpg
オートボーイを分解してレンズははずせた。
それをカメラキャップにつけるため、カメラキャップに穴をあける。
もう以前にコンパスで書いた円があったので、ドリルで穴をあけ
さらに間を小さなドリルで削って大きな穴を開けた。
MClens.jpg
最後の仕上げの穴はどうするかまだ決めてない。
したがって今は少しだけ小さくなっている。これいじょう
やるとガバガバになってしまったらまずい。
ピントがどこに来るかで取り付け方も変わってくる。

FINDer.jpg
こんどはファインダーが欲しい。ファインダー部を外せないかやってみる。
基板の配線などをカットし、いろいろはずしてさらにネジが現れた。
それを取ったらファインダーが外せた。

これをミノルタカメラにのせて使うつもり。

ff.jpg


posted by レンズマン2 at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。