2021年01月09日

古いデジカメの使い道

そのカメラ専用の特殊なUSBコードやカードリーダー、そしてそのリーダーのドライバなどもうサポートが
ないOLYMPUS CAMEDIA C-3040 。写真を写してもパソコンにデータを写せなければどうしようもない。

なんとかこのカメラを生かす道はないか?

ということで、考えたのが、実物投影機。
AV端子がついているので、AVコードさえあればテレビに映すことができる。
しかもリアルタイムでも可能。

教師が作業している手元をテレビに映して見てもらうなどすれば役に立つ。

デジカメの信号の仕組みなどが基礎から知っていれば信号をとりだせるのかも
しれないが、そんな能力はない。

ただ、マイコンにカメラをつけたり、SDカードを取り付けたりできるなら、
このカメラも分解してSDカード仕様に出来るのではないか?メーカーの
技術者なみの知識や技術があればだが。

せっかくのレンズがもったいない。


IMG_7705.JPG
posted by レンズマン2 at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。