2016年10月18日

交流をLEDで見せる

久々の教材開発です。

赤と緑、2つのLEDを逆につないでおき、交互に光ることから
交流電流を目で見ることができる。この実験は単にLEDを2つ
だけかと思うが、まず電源に交流が必要である。
電流の実験で直流安定化電源にしてしまっていると、交流がない。
あっても電源を持ち運ぶのでけっこう面倒。かといって
理科室に来てもらうほどの実験でもない。演示で充分である。

そこで、トランスの電源で何かいいものはないかなと探していたら、
あった。最近はトランスは使わないスイッチング電源のアダプター
が多いのでトランスのタイプはあまり見かけない。もしあったとしても
分解できない。
ところが手持ちの古いアダプターにネジ2つで分解できるものがあった。
ダイオード2つで直流を作っている。回路を想像する。
ちょっとあきらめかけたが、想像するより測定だ。各部の電圧など
交流かどうかも含めて調べたら交流9Vのところがあった。ここを使おう。
直流に換算すればすこし落ちるはずなので、5〜6Vくらいなら
抵抗を入れればLEDは壊れないだろう。最初1KΩを入れてみた。
緑がやけに明るい。これだとすぐ切れるだろう。
緑だけに470Ωを、そして全体には2KΩを配線し、作ってみました。

教室に行ってコンセントにアダプターをつなぎ、LEDの棒を振れば
すぐ交流が確認できます!やったー!!!

工夫した点:@配線と棒を兼ねてチャイムコードというものを使いました。
      A発光ダイオードがまぶしいのでキャップをかぶせました。
      B抵抗は2kΩ、さらに緑だけ470Ωプラス。
      C電源はトランス型アダプター改造。

全体像IMG_1271z.jpg

緑だけ470Ωの配線
IMG_1268z.jpg
全体2KΩ配線
IMG_1269z.jpg
トランス:真ん中(3番目の線)を(2番目)につなぎかえる。
IMG_1251z2.jpg
左端はそのまま。左端とそのつぎの2番目の端子間は交流9Vくらい出ている。
IMG_1253x.jpg
実験の様子
IMG_1262z.jpg


posted by レンズマン2 at 20:01| Comment(1) | 教具整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶然このアダプターがあったからできた。
かなり価値のある工作だと思う。
Posted by レンズマン2 at 2016年10月18日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。