2016年04月17日

連続地震はなぜまだ続くのか?(素人の勝手な想像)

熊本地震の犠牲者、負傷者、そしてたくさんの避難している方々に
お見舞い申し上げます。

今回の地震はなぜいまだに450回も続くのか、不思議です。
自然というものは人間の創造を超えているから恐ろしい。

地球内部のエネルギーはそんなにもあるものなのか?
普通、大きな地震が起きた後はエネルギーを放出したのだから
また100年とかエネルギーがたまるまで地震は起きないのでは
ないかと、(素人考えだが)思う。
しかし、今回の熊本地震はマグニチュード6だとかの地震が
何回も続く。まだエネルギーが枯れないのか?
そこでちょっとメカニズムを想像してみる。
まず、プレートが押し寄せてきて耐えきれなくなった地面が急に動く。
これは加速度が大きいだろうと推測される。
次にずたずたになりながらぐぐぐっと動く。
これが余震と考える。最後にたまっているエネルギーを
吐き出すように一気に動いて止まる。
・・・のかな??と思いきや、まだまだ続くのはどういうわけか??
もしかしたら動いているのは片方のプレートだけでなく、両方のプレートが
同時に逆方向に動いているのではないか??そうすると動いている
プレートが動かないプレートに向かって作用した後止まるという
構図ではない。両方とも逆向きに動き続けてるとしたら??(横ずれ断層だけに)
止まらない???そんなばかな?!もしかしたら正断層や逆断層より横ずれ断層が
一番こわいのかも。

まあ、しろうとが考えてもしょうがないし、
勝手なことをいうなと言われそうですが、早くどこかで連鎖が止まってほしいと
祈るだけです。
あと、やっぱりもっと地学研究者を養成して増やした方がいい。
posted by レンズマン2 at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。