2015年10月11日

出前授業の小道具カバン(構想)

いつでもどこでも、すべての分野にわたって実験がすぐ演示できるような道具が
一つのカバンに入っていたらどうだろう。それを持ってフーテンの寅さんよろしく日本
全国を飛び回り、旅して授業をするという構想。
 なるべく多くの分野をカバーしたいので、同じものをたくさんいれるようなことはしない。
基本は演示用に一つだけとする。コンパクトなものがのぞまれる。
 演示がでできないものは映像でカバー。軽量のタブレットまたはパソコンを使う。
JPGファイルで映像を集めておき、スライドショーを見せる。ビデオファイルもDVDに保存。

ネタは自分独自のもの。教材開発してもなかなかそれを理解し、活用してくれるひとはいない。
やる気のある人ほど他人が作ったものなんて頼りはしない。それなら、ネタは自分だけのもの
として考えたほうがいい。ドラえもんのポケットみたいに次から次へ見たことのないネタが
出てきた方がおもしろいのではないか。

教材を開発して人の役に立とうというまえに、そのネタをとことん自分のモノにすること。
そんなことを今さらながらに考えている。
posted by レンズマン2 at 08:56| Comment(0) | 教具整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。