2015年06月04日

ゼンマイというバネのエネルギー

ゼンマイというバネのエネルギーを最大限活用した時代は
大正から昭和初めにかけてでしょうか?
蓄音器、柱時計、腕時計、そして8ミリカメラ、子供のおもちゃ、など。
その他いろいろあるかもしれません。(弾性ということではゴム動力も)
オルゴールは今でも使ってますね。
考えてみると、非常にエコですね。省エネですね。
しかし電池とモーターがとって変わったわけですね。

これからの時代、太陽電池をもっと最大限に使うようになるでしょう。
そして、水素の時代がはじまります。よく考えると、太陽電池で水の
電気分解をして水素をつくっておけばクリーンなエネルギーですよね。
そして燃料電池でこれを消費する。もえたものは水になる。

燃やすごみで電気製品を出そうと思うのですが、電池は外さなければ
いけません。電気カミソリのニッカド電池を一つ分解してはずした。
2つあって、もう一つは試しに充電してみたところ充電できました。
ニッカドすごい!10年も前のものなのに・・・。無線機VX7とはえらい
違い。リチウムイオン電池ですが、ACアダプターに続いて壊れたから。
こんどからICOMにしよう。・・・蛇足でした。ではでは出羽

posted by レンズマン2 at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。