2013年12月05日

さけパックでパラボラ作り

さけパックの中にはアルミ箔が使われているものがあります。
銀レフ板じゃあないけど、これでパラボラ集音器ができないか
と考え、さっそくつくることにした。
先ず、本体を上と下に分けます。
上の注ぎ口があるほうが作品になります。
4つの部分を開いてあいたすきまに下半分から三角に切った
パーツをつなぎ、おわんの形にします。おとをはじく素材を
内側には張ったほうがいいだろうと思う。
あとは注ぎ口からマイクを出して内側にむける。(だからさけパック)
マイクはエレクトリックコンデンサーマイクで電圧が要ります。
手持ちのものは4.5Vと書いてあったが・・・
一応1Vの太陽電池で試したら、音を拾いました。
電圧を調整したいと思います。
ここでもマイクの入力を増幅するのにボリュームアンプは使います。
とりあえず今日は形をつくるところまで。IMG_3100x.jpg
posted by レンズマン2 at 20:33| Comment(0) | 教具整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。