2017年09月20日

昨日、今日の気温・湿度など

昨晩も夜になっても気温があまり下がらなかった。
昼間晴れていても、夜になるとうすぐもりというか
水蒸気が多いためか星は見えなかった。
従って、夜晴れの予想だと、気温も下がるのだが
曇っていてはそれほど下がらない。
だから少しだけ窓を開けて寝ても大丈夫。
明け方もまったく気温は下がっていなかった。
海に近い三浦半島だからだろうか。
天気予報に少しずれを感じた。
昼間晴れていても、夜になれば必ず雲が出てくる。
そして予想より湿度は高く、気温も下がらない。
これを完全に夜も晴れるとするから予想が外れる。

昔、誰に聞いたか忘れたが、久里浜や三浦あたりの
天気予報はむしろ大島の天気予報に近いというような
ことを聞いたことがある。
その土地の条件を加味して予報を考慮しなければならない。

ただ、今夜は昨日よりは涼しいと思う。
皆さんもカゼなどひかぬようご注意ください。
                   では、失礼します。
posted by レンズマン2 at 21:50| Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

雲を作る実験

水蒸気を含んだ空気が何らかの原因で上昇していくと、
高いところへ行くほど気圧が下がり、それにともなって
温度が下がり、その空気の露点に達して水滴ができる。
これが浮かんでいるものが雲。

ペットボトルなどに水分と線香の煙を入れ、どんどん空気を
詰めていって、いきなり抜くと気圧が下がり、温度が下がり
なかが白くなって雲ができます。

これを、煙の代わりにアルコールの霧を入れてやって実験しても
雲がみごとに出来る。小さな霧吹き(香水用?)の容器を100円
ショップで買ってエタノールを入れておけばよい。
教室で演示するときわざわざ線香に火をつけることなく、スマートにできます。
posted by レンズマン2 at 11:54| Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒冷前線のモデル(案いろいろ)

皆さんこんにちは、最近のアクセス状況をみると、前にかいた寒冷前線の
記事を見て下さっているかたがいるということがわかります。
以前の記事では、BTBをたらした仕切りのある水の片側にドライアイスの
かけらを入れる。すると二酸化炭素が出て酸性になる。冷たい方は黄色になる。
横から冷たい水(黄色い水)がもぐりこんでいく様子を観察させようというもの。
そこでもう少しその他の方法を考えてみよう。
方法その2:冷たい水を青色に着色し、暖かい水を赤色に着色。しきり
      で仕切られた容器に入れ、しきりをそっととる。冷たい水が
      したにもぐりこむ。その様子を横から観察。

方法その3:リトマスなら赤と青なので、リトマス液を使い、暖かい塩酸と
      冷たい水酸化ナトリウム水溶液(どちらも薄い物)をつくり
      リトマス液で着色。仕切りの容器に入れる。あとは同じ。
いろいろ試してくださいね。お疲れ様です。頑張ってください。

posted by レンズマン2 at 11:39| Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

今日の天気図

今日は昨日とはうって変わって少し肌寒いという。
原因はオホーツク海からはりだしている高気圧。
高気圧だから中心から回りに向かって風が吹く。
このため、北から冷たい風が吹いてくるのだ。
そして南の空気に触れ合えば雲ができ、高気圧に
おおわれているから晴れかなと思っても天気は曇
りとなる。
4gatu18niti.jpg
(ウェザーニューズの天気図)
posted by レンズマン2 at 05:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

5.31の二重暈

科学部のI君がキャンプの代休の日に撮ったものです。この話題は
その日の天気番組や次の日の新聞にも取り上げられていました。
環水平アーク(下のもの)又は二重の暈(かさ)ということです。
私が見たときにはすでに消えかかっていました。

この写真は5月31日、午後1時のものだそうです。

二重暈.jpg
posted by レンズマン2 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

3月16日の雲(三浦半島)

直接原発と関係はないだろうけど、なんとなく不気味な雲でした。
寒かったので雪雲に近いかもしれません。

3月16日13時26分撮影(ガラス窓越し)
3.16,1326.jpg

posted by レンズマン2 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

太平洋側をかすめる低気圧=関東に雪

wxct15.jpg
ほんとうにこの公式はよくあたります。いわゆるタイワン坊主というやつです。
天気図をみたら、低気圧が南を通過しています。
明日の朝はどうなるでしょう。凍っているか心配です。

(ヤンぼーマーぼー天気予報より)


posted by レンズマン2 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

過去の天気を調べる

主な出来事(突風とか、竜巻とか、豪雨、その他)とそのときの天気図などを
対比させて調べたいとき、過去の天気をしらべるサイトが便利。

気象庁では。。

少し前の気象通報の放送原稿が知りたい
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/gyogyou/index.html
ホーム > 気象等の知識 > 天気予報・台風 > くらしに役立つ情報 > 天気図の解説 > 過去1週間の「各地の観測値と低気圧や前線の位置」

過去の天気図が知りたい
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/hibiten/index.html
ホーム > 気象統計情報 > 天気予報・台風の資料 > 日々の天気図

天気図は。。アサヒコムなど
http://weather.asahi.com/

出来事は。。
アサヒコムのニュースなどで調べます。
posted by レンズマン2 at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

日本海の水温上昇の影響

このところ、日本海に低気圧があったりすると非常に天候が不安定になり、
突風や竜巻の被害が出る。それはどうも日本海の水温が平年より高いことに
あるらしい。今日天気予報の説明でやっていました。やっぱり!と思いました。
posted by レンズマン2 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

12月3日、各地で竜巻、突風を観測した天気図

鎌倉でもお寺の屋根がとんだり、ほかにも名古屋で解体の工事現場で足場がとばされたり、新潟で高校のガラスが割れ、部活をやっていた生徒にふってきたなど。大荒れだった。南からはしめった暖かい空気がながれこみ、気温は20度を超え、Tシャツでも平気なぐらいだった。3日だけでなく4日もいろいろあったようだ。

tenkizu120309.jpg
posted by レンズマン2 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

黄砂

この時期にはめずらしく黄砂が発生、日本にも12日に到達したようだ。
黄砂は9〜10日にかけて、日本から約3千キロ離れた中国北部のゴビ砂漠を低気圧が通過し
砂塵(さじん)が発生。偏西風に乗って日本に運ばれたとのこと。
posted by レンズマン2 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

新潟県で竜巻発生か

●昨日の出来事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15日午後5時ごろ、新潟県胎内市で、竜巻とみられる突風が発生し、
(中略)軽乗用車1台が約50メートル飛ばされ大破する被害が出た。
(毎日新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●雷と突風に関する新潟県気象情報第2号は次のように言っている
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成22年10月15日16時20分 新潟地方気象台発表
(見出し)
中越、下越、佐渡では、16日明け方にかけて、局地的に雷雲が発達する見
込みです。落雷やひょう、竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意して下
さい。
(本文)
[要因]
 東北地方の日本海沿岸には低気圧があって、北へ進んでいます。また、北
陸地方の上空には16日明け方にかけて次第に寒気が流れ込み、大気の状態
が不安定となる見込みです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●昨日の天気図
wxct15.jpg
こういう風に低気圧が2つ以上あるときはたいてい不安定で
大荒れに荒れた天気になるようだ。


posted by レンズマン2 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

積乱雲までの距離は?

積乱雲.jpg
15:30頃、横浜市金沢区八景島から、東のほうを見たら、積乱雲が成長していた。
レーダー1530.jpg

レーダーの画像で調べると、房総半島にすこしかかっている雨雲のあたりか・・・

八景島から約100Kmくらい離れていると思われる。

その根拠は

撮った写真の画角いっぱいであるから、横浜から見て25度くらいの

大きさのはばをもった積乱雲と考えられる。

レーダーの写真で考えると外房に出たばかりの雲がそれにあたる。

銚子沖にもあるが、これはもっと遠いので、10度くらいだろう。

従ってこれは違うと考えられる。

ただ、レーダーがどんな雲をとらえるのか、
大きな雨粒の雲だけなのか、
映らないものもあるのか、
わからないのだが・・・
posted by レンズマン2 at 17:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

北の空に積乱雲

夕方6時頃 横須賀は晴れていたが,北の方に大きな積乱雲が・・・
見ていると雲の中に稲妻がときおり光っていた。
動画を撮ろうと思ったがあいにくデジカメのメモリー不足
だった。
レーダーでは東京埼玉には雲がなく、群馬県のほうに雲が
現れていた。
ネットで調べたら、5時40分ごろ群馬県で雨が降り出し
雷もなってたそうだ。そんな遠くまで積乱雲は見えるもの
なのだろうか?
posted by レンズマン2 at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

これがその環天頂アークです

2540環天頂.jpg
今年のカラーの並び順のとおり赤黄色青でした。
posted by レンズマン2 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

体育祭に出た環天頂アーク

体育祭の3カラー合同解団式の
とき、肩を組んで上を見上げた生徒が「虹だ!」
と騒ぎになった。
見上げると、弓なりに反った
環天頂アークがあった。
あまり色ははっきりしなかったので
ちょうど赤黄色青の3カラー程度の
ように見えた。非常にグッドな
タイミングでした。西の方向で
高さは80度くらいでした。
posted by レンズマン2 at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

八島湿原から見た車山レーダー

IMGP2870d.jpg

八島湿原を1周しました。
途中に車山レーダーが見えるところがありました。
posted by レンズマン2 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

情報: 気象庁子ども見学デー

東京竹橋にある気象庁、夏休み子ども見学デーというのがあるそうだ。
8月18日、19日
詳しくは下記のHP参照
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/kagakukan/event.htm
posted by レンズマン2 at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

仙石原中の気象観測仙石原小に受け継ぐ

来春で統合されてしまう仙石原中の伝統である気象観測が600m離れた
仙石原小学校によって存続されることが決まった。50年の貴重な積み重ねが今後も有効に生かされることを意味する。
***** カナロコ12・10 ***
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiidec071271/
posted by レンズマン2 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

天気図用データはここ

昨日の放送原稿がゲットできます

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/tenkizu.html

天気図の解説 から

  >各地の観測値と低気圧や前線の位置 をみてください

ウルップ島、マツア島、テチューへがなくなり、代わって新しい観測地点、セベロクリリスク、ルドナヤプリスタニが加わった。位置は次のようになっている。
================================
セベロクリリスク   北緯 51度、東経 156度。北千島

ルドナヤプリスタニ  北緯44度21分、東経135度48分に位置し、ルド ナヤ川の河口に位置する。
  ロシア日本海側、テチューヘから35km
================================
 CIMG0636.JPG 
posted by レンズマン2 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする