2017年05月23日

いて座とやぎ座、いて座とさそり座、さそり座とへびつかい座とうしかい座のアルクトゥルス

IMG_0535x.jpg
2;11(上)

IMG_0543v.jpg
2:25


IMG_0544x.jpg
2:26

今日はちょっと眠いです。
続きを読む
posted by レンズマン2 at 10:45| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

ガリレオ衛星の撮影と位置確認

高倍率コンデジでの撮影にやっと慣れてきた。望遠鏡をセットしなくてよいので素早く撮影できる。
ISOは1600、シャッタースピード優先、で8分の1秒から15分の1秒程度に合わせる。
ピントはスポットで合わせる。三脚使用、2秒レリーズで手ぶれ防止。

DSCN1542zz.jpg
撮影できたら位置確認。ユーチューブのシミュレーションで4月19日21時頃に合わせる。
ピッタリ一致した。
gari.jpg


posted by レンズマン2 at 11:55| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

今日1:39のガリレオ衛星

4月19日1:39分のガリレオ衛星 4、1、3、2の順
DSCN1483z.jpg
posted by レンズマン2 at 10:34| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

プラネタリウムのルーツ

図書館で借りてきた本「地上に星空を〜プラネタリウムの歴史と技術」(伊東昌市著 裳華房)
を見ると、ルーツの部分でゴットルプ天球儀というのが載っている。人が中に入る天球儀である。
デンマークのホルスタイン公フリードリッヒ三世の注文で1654年に製作されたとある。
直径3,1mの中に12人ほど入ってみたようだ。

それから、レンズをつかわないピンホール式の学習用プラネタリウムを1936年にスピッツという人が
考えた。これはなんとあの「大人の科学」と同じ12面体(一つが5角形の面)!!3.6mのドームに
投影できたそうだ。元はと言えばスピッツさんが考えたんですね。これは相当普及したらしい。(p89に写真あり。500ドルで”どこでも買えるプラネタリウムだったそうだ。)A3P型からはレンズも使い、丸い形に形になっていく。

posted by レンズマン2 at 23:37| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

冬のダイヤモンド

新しいカメラを買いました。一眼ではありませんが、最近出たニコンB700です。
すこしは星も撮りやすいと思います。月は簡単に撮れました。
DSCN0037z.jpg
DSCN0038z.jpg

今夜は試し撮りです。いつもの公園に向かいます。
自分の家の前からでも見えるのですが、冬のダイヤモンドを狙います。
冬の大三角を含む冬のダイヤモンドがやっと撮れました。
ふたご座はほぼ天頂です。まだカメラの操作に慣れず、写りはこの程度
です。
DSCN0142z.jpg
posted by レンズマン2 at 23:20| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

12.21冬至(winter solstice)

おはようございます。
12月21日冬至です。夏至がSolsticeで、冬至はそれにwinterがつく。

******ここから「アシモフ科学の語源250」より********
sol(太陽)とsistere(じっと立っている)に由来するそうだ。
冬至に太陽は南緯23.5度(今は23.4度)のところにある。その緯線を南回帰線という。
英語でTropic of Capricornという。tropicは回帰線で折り返す意味。
太陽がやぎ座(Capricorn)にあるためである。
夏至はTropic of Cancer,太陽がかに座(Cancer)にあるから。
***********************************
さて、今日の黒点は・・・・と
一応見てみよう。先日はゼロでしたので、違う記事をのせました。
今日もあまり期待せず観測すると・・
あっ、ありました。目立つのが1個とその周辺に2個ぐらい。
写真がうまく写りませんでしたが、お分かりいただけたでしょうか?
12211016.jpg
posted by レンズマン2 at 10:54| Comment(2) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

やっぱり天球儀、

2014年12月10日に天球儀開発終了宣言などと
言ってしまいましたが、1mmと1.2mmのドリルが
手に入ったので黒い球体に穴をあけてプラネタリウム式
天球儀を作ろうと思います。また、置物式天球儀も考えて
います。少しばらすと軸が出ないものです。
というわけでぼちぼちですが、開発は続けていこうと思います。
posted by レンズマン2 at 20:17| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

久しぶりに黒点観測

15倍の天体望遠鏡で観測。
黒点は2つ(もしかしたらもう一つ)しか見えませんでした。
IMG_1229x.jpg
posted by レンズマン2 at 10:10| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

宇宙の広がりと宇宙の地図

宇宙というのはどこまでひろがっているのだろう。
近い星もあれば遠い星もある。
近いと言っても光の速さで数年かかる。数年なら近い方なのだ。
近いと言っても遠いのが星だ。
で、いろんな星があるものを私たちは同じような方向にあるだけでそれを
線で結ぶ。結んでかってにつないで星座にしてしまっている。
隣にあるように見えるだけで、奥行きは全く違うかもしれないのに。
でもとりあえず星座を覚えることは星に親しむことになる。
私たちは地球から離れないし、太陽の周りを地球といっしょに
3億キロの直径の円を描いて回っていても、宇宙からすれば
動いてないに等しいくらいなんだ。だから星座の形はほとんど変わらない。
そこで無限遠の球を想像してそこに星を配置したのが天球だ。
まあ天球儀は無限遠というわけにいかないから、それを縮小したものと
考えてくれ。見かけの星の動きを知るにはこの天球の考え方が便利だ。
パソコンで星座の動きを表示するときも天球を想定して計算して表している。
非常に便利な考え方なんだ。だから、
宇宙が丸いわけねーとか、有限じゃないのに馬鹿だね、なんて思っているあなた
そんなことはわかったうえで使ってるんだ。この考え方がわかればパソコン上で
動いていく星が数式を使って表示できるし、プラネタリウムだって自分でできる。
そこに気が付いた人は天球儀がどれだけすごいかわかると思う。
プラネタリウムの前に人が入る天球儀があったそうだ(天井に穴があいて星に見える)。
しかし、エジソンが電球を発明すると、「まてよ、天球儀のようなものに穴をあけ
中から電球の光で投影すれば人が入った部屋をわざわざ回さなくてすむ」
「投影機を回せばいいんだ」と気が付いた。スクリーンだって有限な壁じゃないか。
あとは想像力の問題。天球儀を外からみたら確かに裏がえしだ。しかし透明球体の
中に入ったとしてみれば正しい形を見ることもできる。のぞいて想像すればよろしい。
たしかにプラネタリウムはすばらしいし、本物そっくりのような感動があるだろう。
でも、実際に星空観察しなければ疑似体験であることにかわりはない。
天球儀や星座早見盤で確認しながら実際の観望を楽しんでほしい。
posted by レンズマン2 at 23:11| Comment(1) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

カシオペヤ座とペルセウス座


お暑うございます。雨もいやですが、暑いのも・・・

29度とかになると耐えられない・・・もう年でしょうか

さて、外を見たら星が見えそうです。ちょっと行ってくるか・・・

と外へ出ていつもの観察広場へ。つくづく星が趣味でよかったと思う

そして今のデジカメがあってよかった。デジカメがあるから星見が

たのしくできる。フイルムカメラだとかなりマニアックにならないと

やらないだろうと思う。デジカメになって敷居が低くなった。

そして星が出ていれば観察が続けられる。これが天体望遠鏡など

では年に何回も使わないだろう。

北東の方角にカメラをむけるとペルセウス座が見える(写る)

そしてさらに北寄りに3のような形でカシオペヤ座が見える。22時ころ撮影

IMG_0898KP.jpg

夏の大三角は西寄りになっている。南中から2時間というところだろう。

このようすだとベガが先に沈みそうに思えるが、実はアルタイルなのかな。あと4時間ぐらい観察すればわか

るはず。
IMG_0899sankaku.jpg
posted by レンズマン2 at 23:04| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

アンタレスと火星、夏の大三角、北極星など

久々に星空観察。1608072010.jpg
まず、家の前で火星・アンタレス・土星の三つ



そしていつもの公園へ・・・夏の大三角がかなり高くなっている。
IMG_0731v.jpg
北斗七星を含めた北の空も撮っておこう。
1608072014.jpg
肉眼ではっきり見えているのは北斗七星と北極星です。あとは写真を撮ってから確認した。

posted by レンズマン2 at 23:57| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

星空案内人講座締め切り迫る

東京での「たのしい宇宙講座」受け付けは5月末日まで。
受講して星のソムリエになろう。
https://sites.google.com/site/tanoshikoza/2016nendo/2016nendo_yoko
posted by レンズマン2 at 10:40| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

火星とアンタレス

寝る前にちょっと外を確認したら星が見える。
火星と下にアンタレス、左は土星?
一番明るい火星が肉眼では赤く光って見えた。
写真では白くなってしまった。
IMG_0121v.jpg
4月20日、0:29分撮影 15秒露出。
posted by レンズマン2 at 00:51| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

火星、さそり座、土星?

3時半にふと起きて外を見たら南東の空に見慣れない星座?明るい星が三つ
逆三角形になってました。下の星がさそり座のアンタレス、
右上が火星、左上が土星と思われます。
3.18 0349.jpg
posted by レンズマン2 at 11:55| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

神奈川県高校入試問題に「金星の見え方」が出た

今年の理科の問題はちょっと難しかったように思います。
さいごの問題では、金星の見え方、西方最大離角のとき、
月でいうと「下弦」の半月状態。そこに至るまでは明けの
明星、西方最大離角を過ぎると、太陽に見かけ上近づいて
いき、丸くなっていく。そういうことをわかっていれば
解けるのだが、最大離角という言葉はならわないので
そこまで見え方がわかっている生徒はなかなかいない。
せいぜい、宵の明星と明けの明星の違い、そして
遠くに行くと丸くなる・・・くらいしか意識してないと
思う。かなりマニアック。
posted by レンズマン2 at 23:19| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

昨日の撮影機材

 昨日使用した機材です。三脚、ナノトラッカー、自由雲台、カメラです。
ナノトラッカーの台座平面をオリオン座のベルトに合わせ、55度の角度で
昇ると考えました。北極星は雲で見えなかったのでこうしました。
(おおよその方向は知っている)
kannisekidougi.jpg
posted by レンズマン2 at 09:19| Comment(3) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

手ぶれ防止に「ハイスピード連写」

もし、1枚目がぶれていても、たくさん連写すればダイジョウブ。
1枚くらいぶれが少ないのがあるはず。
昨日はクリスマスで満月。
今日は月齢15.1
まだ満月といえないこともない。
30倍の望遠鏡コルキットでキャノンIXY32sで撮影。連写で露出はー2。
まだ上がってきたばかりの月は地上の空気越しに見るのでシーイングがよくない。
揺らいでいたりする。もう少し高度が高い方がきれいに見えるだろう。
IMG_1082z.jpg

posted by レンズマン2 at 20:14| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

16分後の変化

みなさんこんばんは、今日はコルキットでなく15倍のスターベース東京の望遠鏡
です。簡単に組み立てられることから、宇宙教室などでも工作に使われています。
カメラはIXY32sです感度はISO800。これは本当です(笑)

19:03の月
IMG_0803x.jpg

19:19の月 16分でもクレーター部分を見ると微妙な変化がわかりますね。
すこしづつ月が太っているのです。現在進行形なのです。微妙?かな
下のクレーターを見てください。クレーターの中に落ちる影が16分後は少なくなってます。
IMG_0835x.jpg
posted by レンズマン2 at 19:33| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

三日月→今日の月→上弦の月

17:06撮影 白とびしてしまいました
DSCF0150z.jpg
17:10少しぶれてしまいましたが、これが精いっぱいです。自分のベスト。
DSCF0179z.jpg

posted by レンズマン2 at 17:30| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

デジカメで星座を写そう

紙芝居風説明パネルです。
PB230282a.jpg
PB230283a.jpg
PB230284a.jpg
PB230285a.jpg
posted by レンズマン2 at 23:42| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする