2020年01月20日

表面実装のハンダ付け

IchigoJamの心臓部であるLCP1114と、それを載せる基板を買った。
ただし、ハンダ付けはかなりむずかしい。フラックスを塗らなくては
できないようだ。フラックスはいろいろ種類があるので買ってないが、
いろいろ記事を見てFS-200というのが候補である。他にサンハヤとでも
出している。またトンカチで見て見よう。秋月では筆ペンタイプであるが
少し高い気がする。。
まだ少しおいておこう。とりあえず子どもたちにこんなに小さいですよと
見せるためなので、今は半田付けしない。
maikonn.jpg
posted by レンズマン2 at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

マイコンいろいろ

arduino leonard の互換機を購入。1100円くらい。
すでに持っているarduino UNO R3は2900円だから3分の1の値段。
しかもレオナルドだから少しだけ性能がいいはず。
久しぶりにIDEを最初からダウンロードしてPCにとりこむ。
IDEの使い方がわからないのでネットで使い方のページを見ながら
操作する。なんとかLチカができた。点滅の速さを数字を書き換えて
速くしてみる。成功。保存して終了。
eruchika.jpg
なんか最近いろんなマイコンが出ていて目移りしてしょうがない。
microBITも買ったし、・・・・
mb.jpg
ただ、プログラミングや実験は30分以上やると先日歯医者を忘れてしまった
ように、我をわすれてしまうので良くない。
タイマーを置いて20分ぐらいで切るようにしよう。
プログラムができたからと言ってそんなもんだれでもできるのだから。
熱中するのは危険だ。


posted by レンズマン2 at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

IchigoJamファームウェア書き換え手順

書き換え手順で調べたらこのページがわかりやすかった。
https://studio.beatnix.co.jp/kids-it/hardware/ichigojam/ichigojam-firmware-update/

ISPとGNDをジャンパー線でつながないと書き換えはできない。
書き換えに成功、
fmw.jpg
バージョン1.1.1から一気に1.4.1の最新版になった
vu.jpg
ばーじょん1.3.1でも充分なのだが、
三角関数ができたりするらしいので楽しみ。
posted by レンズマン2 at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

IchigoJamで温度センサー

温度を出す式がやっと完成。
間違ってないか何度も確かめ、配線も抵抗値やコンデンサーなど
本の通りに忠実に再現。
ただ使っているICが違っているため、データシートを見て
考えながら式ができた。そして実験もほぼそのとおりになった。
kannsei.jpg
onndomojyuru.jpg
posted by レンズマン2 at 23:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

EEPROMの5個目完成!

5個目になるEEPROM自作。半田付け配線完璧、IchigoJamにのせて点検、一発でOK、
ばかでも学習すれば利口になるってことを照明>証明した。やりました。
一番手前が5個目の作品です。
5kome.jpg

posted by レンズマン2 at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

工作と実験

IchigoJam用のEEPROM自作、さすがに4個目ともなると、回路の間違いはなかったが、半田付けの不良が4カ所、
あやしいところをしっかり付け直して完成!動いた! 3個目のやつは配線間違いが8カ所、半田不良が3カ所くらい
あった。大分進歩したぞ。
EEPROM4kome.jpg

次にIchigoJamでサーボモーターを動かす実験
PWM命令で動かす。
右か左か真ん中を選択。
プログラムを入れ、RUN、
キーボード上の→キーで操作する。
サーボモーター1.jpg
posted by レンズマン2 at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

EEPROMモジュール自作

ものすごくスマートな?配線になった。
なにか岡本太郎的な芸術品に仕上がりました。
動作すれば、いいんです。いいんです。
ソケットも買いました。気がついたことですが、
ソケットなどはブレッドボードには挿しにくい。
縦横の関係で、挿しても出てきてしまう。
90°ねじ曲げればいいかと思うが、むずかしいので手を加えたくない。
やはり基板に半田付けしようとなった。
PC020478.jpg
ジャンパーコードよりもふらつかないので扱いやすい。
いろいろな形にして芸術を楽しめる??90円のEEPROM。
ソケットを逆にしてしまったので、半田ごてでプラスチックに
くぼみを逆側に大げさにつけた。でも最初からのくぼみはそのまま(笑。
rom.jpg
下の写真、IchigoJam S では黄色はSCLにつないでいます。
これまで作った2個はどうも配線が間違っているようだ。
修理して作り直そう。
posted by レンズマン2 at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

日が沈み、月も・・・

16時58分、山の陰に月が沈もうとしている。(山がなければもう少しあと)

日が沈み、月も沈もうとしている。(つまり同じような方向にあるということ。

tukiiri.jpg
posted by レンズマン2 at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

USBシリアル変換でIchigoJamとPC連携

IJUtillities64というソフトを使えばモニターにもなるし、PC上でプログラミング可能。
ネットからもゲームがダウンロードでき、それをSAVEできる。

IchigoJamをケースに入れたままジャンパー線でUSBシリアル変換モジュールにつなげ
ばOK、それをPCのUSB端子に挿す。ショーケースに入っているようで、美しいと思う。
usbsetuzokuz.jpg
moni485.jpg
PB260439.jpg
右側に黒いモニター画面が現れてPCのキーボードでIchigoJamを操作してゲームができた。

posted by レンズマン2 at 14:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USB-シリアル変換モジュール

USBのA接続端子が最初からついてるタイプを買った。

パソコンのUSBにすぐさせて便利。イチゴジャム側は

接続のコードがついていて、これまた便利。色はまちまち

だがそれはしょうがない。違っていればいい。


1個336円、1000円以上だと送料無料なので3個

購入。3日目に届いた。早い!


なんとアマゾンで同じ物が3個540円?しかし中国から

なら3週間くらい待つと思う。1個336円も普通に安い

ので、日本からで早く来たし、判断は間違ってない。


早速試したところ、ちゃんと認識して動きました。

PB260477.jpg
posted by レンズマン2 at 02:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

EEPROMモジュール自作成功

150円のEEPROMのチップと2.2KΩの抵抗2個、基板でモジュールの自作に成功
接続してSAVE100とやると、反応が帰ってきた。163まではOKだが、164ではエラーになる
。つまりこのチップは100から163までの64個のプログラムが保存できるというわけ。
はじめてつくって大成功です。
kibanura.jpg
setuzokuz.jpg
gamenn2.jpg
omotez.jpg
posted by レンズマン2 at 02:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

今日はIchigoJamとPCをつなげる

USBシリアル変換モジュールを購入したのでPCとつなげてみた。
よくわからなくて1日かかった。

PB190103.jpg
posted by レンズマン2 at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

今日のお仕事(日記)

今日のボランティアは「宇宙の学校」で親子でホバークラフトつくり。
だいぶ改良されてすごく性能が良くなった。
まずモーターがより強力なものになった気がする。それでいて音は静か
(といってもスイッチを入れたままでは先生の声が聞こえない。)
スピードが速い。

しかし一組なかなかうまく走らない組がいた。とうとうその1年生の子は
いじけてやろうともせず、お父さんにすべてまかせてしまうしまつ。
出来た子をすごいとほめるより、できない原因を考えさせるようにしむける
ことが大切と思った。
むしろ失敗の中にこそ学ぶことがあるのだ。

今日半日コルセットを巻いてたので、なんとかもった。
薬も朝2錠にした。(夕べわすれたのでちょうどいい)

あしたは大学時代の友人と会う。なるべく疲れないようにしよう。
ほどほどにしないと外出を楽しむこともできなくなる。

都市はとりたくないね。
posted by レンズマン2 at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

IchigoKAMUYが発売になった

11月7日にIchigoKAMUY(イチゴカムイ)が発売になったそうだ。
これはUSBでパソコンにつないでパソコン上でBASICができるそうだ。
しかし、よく考えたら本体の存在感がPCによって薄い存在となるのではないか。
いままでネットにはつながりませんというコンセプトでやってきたのに。
PC中心になってしまい面白くない。
https://www.ichigokamuy.net/

あーあ、やってしまったね。そりゃあモニターやキーボードがPC上にあるのを
なぜ使えないのかなどという声があったかもしれないが。(まあだれでもそう思う)
小さなワンボードマイコンだけでやるところに意味があるのだと思う。

しかし、アルドゥイーノやラズベリーパイ、micro:bitなどいずれもPCとつなげて
ネット上のプログラムを取ってきたり、ファームウエアの更新をしたり、ビジュアル的に
PC上でプログラミングできたりと、PCともつなげられたら便利というのは明らか。
これによって学習がより進む生徒も現れるかもしれないので、何が悪いとは言えない。

ただ、基本は大事にしていきたい。基本を忘れず大事にした上で、先に進むのならかまわない。
これまでイチゴジャムをいじってきて外部記憶装置だのUSBーシリアル接続装置だのという
重要なオプションがあることを知り、それなら最初からついてりゃいいじゃんとも思ったのは
正直なところです。いろいろ遊んでると次はもう少しこうできたらいいなあというニーズが
生まれるのは当然だと思う。

KUGADENという会社から 「IchigoJam EX」なんてのも出ているようで、外部記憶装置専用の端子や
外部記憶のチップを挿すソケットが最初からついている。そしてその端子に挿す、専用の外部記憶装置も売ってる。
www.kugaden.com/ka-ijex-k.htm
いろんなバージョンのものが現れるということはたくさんの人が使っている証拠だろうか。
当面、私は昔のIchigoJamUでプログラム作りをしていきたいと思う。それには外部記憶装置が役に立つことに最近気がついた。
また、ファームウエアのバージョンが古いので、USBーシリアル変換でPCとつなぎ、ネットから新しいのをダウンロードしたい。
いままでできなかったことを一歩づつためすのは非常にワクワクするものだ。


posted by レンズマン2 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

11月12日のISS国際宇宙ステーション

関東地方では12日(火)夕方5時16分頃〜
ISS国際宇宙ステーションが上空を通過
晴れるとイイね
11.12ISS.jpg
posted by レンズマン2 at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもパソコンIchigoJamの外部記憶装置

税込みで280円、これは必要だ、特にまじめにプログラム作りをやろうとしたら、少しづつ
作った物をSAVEしてためていかないといけない。本体だけでは4つしかSAVEできない。
外部記憶装置で64個のプログラムを新たに保存できる。
BASICの勉強は1文字でも間違えて打ち込むと動かないので、かなり根気がいる。
せっかく打ち込んだものを残しておけなければ前に進めない。
しかしこれがあればすごく多く学ぶことができるだろう。
間違っていてもとりあえず保存し、次回は必ず前回やったところから
間違いをさがしながら進むのだ。
いままでどうもやる気がしなかったのはこのことがネックだったのだ。
これでIchigojamもおすすめすることができるようになるというものだ。
かえって思考力とかはこういう基本をやった方が鍛えられると思う。
なんでもできるPCを最初から与えられた場合、使うだけはできるけど
創造することはあまりできるとは思えない。
PB070041.jpg
ファイル番号は100番から163番までである。
posted by レンズマン2 at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

ちまちまと絵本作り

クルーの3人の絵がうまく描けない。並んで歩くのはやめにした。やはりチームワークがにじみ出るような
絵がいいかな。そう思って描いてみた。まあまあかな、よし、これでいこう。友人に教わった通りに
トレーシングペーパーで写す。そしてそれを元にウラ写しして本番用紙に同じ絵を描くのだ。
これであと完成していないのは宇宙船から見た景色を4つ、2ページに収めること。

IMG_1257.jpg
posted by レンズマン2 at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

今日の月は上弦の月、からの〜むりやり地球照

適正露出より何十倍もオーバーにしてかすかに地球照がわかるかなあと
いう写真を撮った。11月4日21時撮影

DSCN7741.jpg

DSCN7751z.jpg

わかりますでしょうか?
posted by レンズマン2 at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ラズベリーパイZeroWHのUSBハブ

ラズベリーパイZeroWHのUSBポートは一つしかない。そこでキーボードとマウスをつけるのにUSBハブを使って
ハブを増設することが考えられる。実際のはなし、入門書にそれが書いてあった。しかし、USBハブは安物を
買うと反応しなかったりソンをする。で、1400円ぐらいの確実なものが必要。
でもよく考えたら、ブルートゥースという手があった。
ラズベリーパイZeroWHはWi-FiとBluetoothの両方が使える。Wi-Fiはインターネットに使用、残ったBluetoothを
キーボードに使うのだ。そしてUSBにマウスをさす。なぜかというと、Wi-Fiの設定や、Bluetoothの設定にマウスは
欠かせない。まず設定画面でBluetoothの電波をキーボードとカップリング?させてキーボードが使えるようになったら
今度はキーボードからWi-Fiの設定、パスワード?を入力してインターネットにつなげる手順だ。

Bluetoothのキーボードはだいたい2000円くらいからある。一度ペアリングしていれば、次からは電源をいれれば
自動的にさがしてペアリングするはずだ。30秒ぐらいかかるかもしれないが。

これがキーボードをUSBに、マウスをBluetoothはまだやったことがないが、Bluetooth対応マウスは1400円くらい。

両方いっぺんにUSBワイヤレスという手もある。2.4Gと書いてあるのは付属しているUSB送受信機をさしてから
使うようになっている。2.4GはBluetoothではなくUSB仕様なのだ。

USBめもりーなどを使わない限りハブは必要ない。さて何を選択しますか?



   
posted by レンズマン2 at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

水彩筆ペンついに購入

水彩筆ペン、いろんなメーカーから出ているが、比較的安くて、評判もいい
あかしやの彩(SAI)20色というものを買ってみた。

これでできるところを色塗りして絵本作り再開です。
IMG_1231.jpg
IMG_1227.jpg
posted by レンズマン2 at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする