2017年08月17日

廃品利用でスマホ顕微鏡

ペンタックスのデジカメを分解して取り出したレンズ部分をとっておいた。(オプティオSV)
もしや、スマホで使えるかもとさっそくやってみた。
IMG_0805z.jpgIMG_0804z.jpg
これをスマホの自撮り用の前面レンズに切り替えてそのうえに置いてみる。
IMG_0808z.jpgこんな感じ

セブンのレシートを上に置くと文字が・・・・
IMG_0802z.jpg
IMG_0812z.jpg写す時は鏡とおんなじで左右が逆
写した後のできた写真はちゃんとした画像になります。IMG_0814z.jpg成功!!



posted by レンズマン2 at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

記憶術 意外に俳句で 忘れない

例えば衛星画像のことで、水蒸気画像を勉強するとする。そこで一句。

  ・水蒸気、わかる高度は中上層
  ・水蒸気、暗域黒く乾いてる
  ・水蒸気、明域白く湿ってる
  ・明暗の、境にジェット気流アリ
など、もう一つ・・・
赤外線画像については

  ・赤外線、地球から長波放射がでているよ〜
  ・赤外線、あびたら黒くなっちゃった〜
  ・雲頂が高けりゃ冷たく、赤外白くうつります

勉強も飽きてきたらこのようにすると面白く
句にする以上確実なことを学ぼうとして頭のなかが
回転するし、印象に残るし、そしていつまでも忘れない。
思い出すのも速い。いいことだらけ。
(わかってしまったらもういらないけどね)

posted by レンズマン2 at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

USB顕微鏡カメラ分解

エレコムの5千円程度のUSB顕微鏡カメラを分解してみた。
顕微鏡として扱うには、手持ちはきびしい。
画像もかなりひどい。
それほど拡大しない。
など、ほぼおもちゃである。
自分の耳の中を見たりするにはいいが・・・
レンズを無理やり外してみた。
受像素子や照明用のLEDが見える。
漢字がみえるので中国製か?
IMG_0743z.jpg
IMG_0736z.jpg
20170805_165515.jpg
ツユクサの気孔を写したつもりだが・・・使えない。
20170805_165454.jpg
もっといいレンズに交換できないか?ノイズがひどいのでやっても無駄か?
普通のデジカメにレンズをつけて工夫した方がましのようだ。
最近ではスマホにつけるレンズも売っているようなので。買って試してみよう。
posted by レンズマン2 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

積乱雲と月の出

昨日の夕方、犬の散歩にて。
西日を反射して光る東の積乱雲と月の出、八景島シーパラなど
乱層雲と月.jpg
posted by レンズマン2 at 14:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

ツユクサは昼には花を閉じる

家の近所でツユクサを探しました。どぶや側溝、崖の下などにあります。
まだ花が咲いていますが、昼には花を閉じてしまいます。

気孔の観察などで葉っぱが使われますね。
DSCN2143x.jpg
posted by レンズマン2 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

うれしいメール

先日天球儀を作ってみたいのだけど・・・というメールをいただきました。
私の作っているのより大きい30cmの球体で作るそうです。
参考までにそれより小さい見本とシールを送らせていただきました。
30cmのシールは作ってなかったので、15cmのを縦横2倍して
デジタルデータをメールで転送しました。

昔はインターネットがまだできたばかりの頃はあなたのHP見ました
と言ってきてくれる人が多かった。閲覧したら必ずゲストブックに
足跡をのこすなどの礼儀があったのですが、今は人とのつながりが
うすくなっているのでしょうか。それとも私のHPがわかりにくいからか、
ほとんどメールが来ません。

昔、桜島の火山灰ほしいなとメールしたらすぐ送ってきてくださった方がいて
自分でも嬉しい経験をしているのです。

私が教材開発のブログを続けているのは、もっともっと天球儀が広まって
ほしいからです。この天球儀にモーターをつけた「地動説天動説自由自在
マシーン」は命名が理科の部屋の楠田先生です。理科の部屋20周年でも
披露させていただきました。

本当は無料のHPで教材開発を紹介していましたが、無料ゆえの引っ越しが
重なってとうとう昔のページはなくなってしまいました。今はこのブログが
たよりです。

そして、こども宇宙科学館や発見工房などで1年に1回ぐらい、天球儀を
作っています。自分としてはそういった場を与えられて大変うれしく思って
います。
posted by レンズマン2 at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3色ボールペン大活躍

気象の勉強で寒気、暖気などをノートに表現する場合に非常によく使う。
昔ながらの3色ボールペンだが、あらためて便利さを再認識した。
IMG_0723z.jpg
posted by レンズマン2 at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

昨日の科学工作講座反省

昨日は、LEDの入った天球儀を作る教室でした。

結果は時間を大幅にオーバーして迷惑をかけてしまいました。

スタッフとの打ち合わせ不足で、自分でなくとも出来るところは

スタッフに任せてそのあいだに難しい作業をしておくべきでした。

最初、荷物の整理からしたかった。机が1個では足りなかった。

全部並べて、部品を配るのではなく自分でとりに来させる。

配る時間は部品が多いほど比例して時間を食います。

配るだけならまだしも、一人ひとり説明して回るという。

そういえば黒板、ホワイトボードが用意されてなかった。

それも敗因。プリントを配らないときは黒板絶対必要。

載せ台は高さ2cmの円筒をこちらで用意しておきたかった。

ちょっと落ち込みますが、このLEDバージョンをやらせてくださった

主催者に感謝。この体験をもとにもっと効果的な指導計画を

今後組んでいきたいと思います。

荷物は送っておくか、それとも30分以上前に現場で

トレイに小分けしてセットすることが必要。

スタッフの力を借りないと20人もの工作に目が届かない。

あまり凝ったことは時間もかかるし、しないほうがいい。

過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・・でした。


posted by レンズマン2 at 12:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

天球儀17cm版星座シール

一応載せときます。A4で印刷して使ってください。
17cm保存版B.jpg
posted by レンズマン2 at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日の準備

IMG_0592z.jpg
20人分の教材の荷物です。
明日は天球儀作りで2時間科学工作教室です。
おそらくLEDバージョンは今回が最初で最後でしょう。
100時間ぐらい準備にかかっていますので、これは
ちょっと定番にするには無理が・・・
その代わり今回は目いっぱいできることをやります。
受講生の皆さん、明日をお楽しみに!待っててくださいね。
続きを読む
posted by レンズマン2 at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

犬は笑うことがあるか?

IMG_0694z.jpg
厚いからはあはあ言ってるだけなのだ
posted by レンズマン2 at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

水圧ポンプ式手洗いタンク


tearai.jpg

町内会の夏祭り、そこで仮設トイレを設置することになった。
公園にトイレは一つあるのだが、足りないので・・・
仮設トイレを本当のトイレと離れた場所に設置するので
手洗いをどうするか?昔ながらの手洗いタンクを一つ購入したが

それとは別に、自作できないかやってみることにした。
100円ショップで買ったポンプ。吸う口と出る口が別、
まるであさりみたい。
ponnpu.jpg
これを一緒にする。
そして空気を出したらこんどは吸えるようにしておく。
それを水タンクにつないでOK
実用にはちょっと?かな
suiatu.jpg

まあ・・・夏の自由研究?。。。でした。


posted by レンズマン2 at 11:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

模擬

8月にある気象予報士試験、その対策で模擬試験があるというので参加。
学科のみ受験。一般はできたが、専門は全くダメ。あと1か月あるので
ある程度までは勉強しなおそう。


posted by レンズマン2 at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

温位  

空にある、空気のかたまり、上で寒いはあたりまえ
見かけの温度に騙されないで、1000(hPa)までおろして
比べよう。273足して、絶対温度で表そう〜

調子よくまとめてみました。
posted by レンズマン2 at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

本2冊

原発問題については私たちは考え続けなくてはならない。
古本屋で見つけたので2冊購入。
子供の甲状腺がんについて早くなんとかしてほしい。
原発事故と関係ないわけがない。

だいたい一つの原発で何号機もあるというのが驚きだ
なにかあったとき、ぜったい手が回らないはずだ。

制御できない原発、まだ実験段階のようなものを
日本中にうじゃうじゃ作った責任はいったい誰に?
IMG_0677z.jpg
続きを読む
posted by レンズマン2 at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

暗記はラップで

ラップと言ってもクルクルクレラップではありません。
いまはやりの調子のよい掛け声のようなものです。
リズムよく、インをふんで言葉をつなげるとおもしろい。
暗記には最適?
ヨー、よー、ラップだよー、むずい言葉を暗記して
試験にそなえるよー、
覚える中身でラップを作る、ひと手間めんどうとおもうでしょー
だけどだけれどちがうんだよー、頭をつかったぶん
おぼえるだよー

まあ、ここで作った中身を紹介するのはやめときます。
自分にしか役にたたないからです。

みなさんも何か覚えたい時にラップでやってみたら
どうですか?

posted by レンズマン2 at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

プリンターのエラーはパソコンのエラーだった

プリンターの接続ができているにもかかわらず印刷ができなかった。
何度やっても印刷のエラーになってしまう。
パソコンのマークに何か注意の三角が出た。
トラブルシューティングをして、再起動したら
印刷ができました。やっと気持ち悪いのが
なおってよかった。一週間近くかかった。
toraburu2.jpg
続きを読む
posted by レンズマン2 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

200年前

今から約200年前、1820年の話、エルステッド博士は実験中、電源を入れるとそばにあったほうい磁石が動くことに気が付いた。
その報告を聞いたアンペールは自分でもいろいろ実験し、右ネジの法則やアンペールの法則を発見した。
電流と磁界がどうやら関係がありそうだということ。そしてマクスウェルは電磁方程式をつくった。
しだいに電流と磁界の関係がわかってきて、ファラデーは電磁誘導を発見した。フレミングはマクスウェルの弟子で難しい
理論などを学生に教えるのに左手の法則をあみだした。最後にヘルツは電磁波をもっと詳しく研究しようとしておそらく
X線を実験で浴び続けた結果、37歳の若さで亡くなった。電気と磁気の関係が発見されなかったら今どんな生活に
なっていただろう。

今日の工作教室は紙コップスピーカー。電磁気学の歴史にちょっとだけふれてみました。

IMG_0670es.jpg
IMG_0669ap.jpg
アンペール

posted by レンズマン2 at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

プリンターがエラー

プリンターの無線LAN設定がわからなくなってしまった。
オフラインですが治らない。
オフラインは解除できたと思ったら今度はエラーで印刷できませんだと。
どうすりゃいいの?おとといからやってる。
なおらなくて非常に気持ち悪い。
ルーターのもとから最初から設定しなけりゃダメか?
プリンターつきのパソコン販売してほしい。

明日は工作教室、早く寝よう。

それにしても気持ち悪い。


posted by レンズマン2 at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

【本】天才物理学者ヘルツの生涯

e-honでとりよせました。
電磁気学の科学史をたどるとヘルツに行きつく。
電磁波、X線の研究が彼の体をむしばんだのだろうか。
ヘルツの研究は量子力学へのとびらも暗示している。
37歳で亡くなった天才の生涯。
前段は電磁気学の科学史についてヘルツにいたるまでの
経緯が書かれている。
IMG_0663x.jpg

posted by レンズマン2 at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする