2020年07月24日

ポケットフジカフラッシュAWの分解

昔のフラッシュ付き110カメラを分解してみました。
poketFUJIKA FLASH AWです。
フラッシュはコンデンサーが古いため充電できません、そこで
写ルンですを分解したコンデンサーが3つ手元にあったので、中でも
一番新しそうなやつをテスターで調べて取り外しておきます。これが
使えればいいのですが。。。。

ポケットフジカは2台あるので、1台練習で分解してみて直せるようならもう一台を完璧に
修理したいと考えました。

ビスを外せるところは全部外していきます。
分解できそうで外れません。
K0020026b.jpg
下ばかり気を取られていたら実は上のファインダー部分が外れるではないか
K0020036b.jpg

で、シャーシから全面、後面パネルが外れて機構が顔を出しました。
K0020040b.jpg
しかし。。。。なんとコンデンサの形状が違います。写ルンですのコンデンサは
長い。。。。これでは交換は無理
なお、ストロボ用のコンデンサは特殊で普通の電子工作用と違うので
手に入りません。諦めましょう。
K0020042b.jpg
それにコンデンサを外すのにシャーシからほぼ
すべてを外さなければなりません。

撤収です。すべての部品を袋に入れて終わりにします。
K0020043b.jpg
posted by レンズマン2 at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。