2020年01月25日

マイコンのモバイル電源

IchigoJamをロボットにのせるため、電池を電源としたい。
5V以上必要なので、4本直列で6Vにする。4本のケースが
なかったので2本のケースを2個直列につないで作った。
ちょうどマイクロUSBーUSBのコードを切ったものが転がっていた
のでそれを使う。線は4本、その中の赤と黒を使う。普通に
赤を電池のプラス、黒を電池のマイナスにした。

ハンダ付けが終わり、IchigoJamにつなぎ、キーボードもつないで
電源が正しく生きているか確認する。キーボードからLED1リターン
でちゃんとLEDが点灯しました。成功です。
USBdenn.jpg
posted by レンズマン2 at 00:05| Comment(2) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その後

モーター制御用のモジュールボードを
載せたら、そこからIchigoJamにも電源
供給できたので、マイクロUSB端子の
半田付けはいらなかった。
Posted by レンズマン2 at 2020年01月29日 09:37
めんどくさがらなければ、IchigoJamの5V端子とGNDを使って供給すればいいだけだった。ただ配線がごちゃごちゃするので、なんらかの(自作)モジュールはほしいところだ。
Posted by レンズマン2 at 2020年02月01日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。