2019年10月25日

水彩筆ペン

絵本を描くのにアクリル絵の具を使っているがなにせ色が少ないのを使っているのと、絵筆の毛が抜けたり、ではナイロンならいいかというと
そうでもない。タッチがちがってくる。しっかり水を含んで途切れなく描けるといいのだが・・・
筆をもっと太いのにするか、そうすると以外にも絵の具をムダに使ってしまったりむずかしい。
タッチが一定で、絵の具が途切れず、色を調合しなくていいのはないか・・・・で水彩筆ペンになった・・・かというとその前に
普通の筆ペンのインクがあまりでなくなったやつを見ていて、これを洗って使えないかと考えたのがはじまり。
なんだもうすでに水彩筆ペンというものがあるではないか。 いくつかのメーカーから出ているがどれがいいのかよくわからない。
とりあえず、あかしやの彩という製品を注文したばかりだ。 
そしてぼかし用に水筆というのが出ている。もしかしたらこれで十分かも(笑)。ただアクリル絵の具はすぐ固まって絶対おちないので、
水筆などにつけたら使えなくなってしまうかもしれないが、わからない。

本音は使えなくなった筆ペンをいろんな方からもらって集め、よく洗って使えばリサイクルになると思うのだが。

IMG_1159.jpg
IMG_1162.jpg
IMG_1183.jpg
IMG_1176.jpg


写真は本文と関係ありませんし、イメージでもありません。  ではまた、お休みなさい。
posted by レンズマン2 at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。