2019年09月05日

最初にかいた1枚

うまくなろうと思って何回もかいていると
楽しくない様子が絵に現れてしまう。
最初にかいた1枚が一番おもしろいような気がする。
ヘタでもあれをかこう、これも表現しようと実際とは
違った絵であってもおもしろいのだ。
だからいろいろ調べて正しい絵を描こうとか、
間違った絵を描かないようにしようなどと
思うととたんに何にも描けなくなる。
結果として面白みのないものになる。
うそでもいい、へたでもかまわない。
表現をしようとするのを止めてはだめだ。
何回かこんなことを繰り返した結果の
最初の一枚がいいのかもしれない。
まさに入り口に入ったところだ。
posted by レンズマン2 at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。