2018年09月26日

宇宙教室のネタ

今まで自分が考えた宇宙教室のネタを振り返ってみる。

1.「パラボラはすごい」
   ミラーパネル(ミラーシート)を細長く切り、両端をつまんで曲げると中央が凹面になる。
   そこに光線を当てると反射してある一点に集まる。これが凹面鏡の焦点である。
   回転した立体を考えるとそれがパラボラ(放物面)である。
   パラボラはいろんなものを集める。音声だったり、光だったり、電波だったりする。
   装置は集音器、反射望遠鏡、電波望遠鏡などである。

   放物面の展開図をつなげてパラボラを作ってみよう。
   それに銀紙(アルミ箔)などを貼って地デジや携帯の電波を拾ってみよう。棒が3本立つかな?
2.「天球儀を作ろう」
   プラネタリウムの考え方のもととなっているのが天球という考え方です。
   実際にはないけれどこれを考えると星の動きがわかりやすいのです。
   透明球体に星座シールを貼って、中にいる人のつもりになって星の動きを考えよう。
3.「太陽電池を使って光通信」
   ラジオの音声電流をLEDの光に乗せ、その光を太陽電池で受けてイヤホンで音に戻します。
   また、リモコンから出ている赤外線という目には見えない信号も聞いてみよう。
   光ファイバーについても実験してみよう。

4.「光の3原色混合器を作っていろんな色を合成しよう」
   白というのはいろんな色が混ざっています。これを分けることもできるし、
   また合成して作ることも出来ます。宇宙船のようなカプセルに組み込んだLEDの光を楽しもう。
5.「星座投影機を作ろう」
   黒い紙に穴を開け、星座のスライドをつくります。それをLEDの光で壁に投影します。
   また、透明なプラスチック版に絵や字を書けば、星座投影機がプロジェクターに早変わり。
   みんなに見せてプレゼンしようぜ。
6.「月の満ち欠け早見盤」
   月は地球の周りを1か月かけて公転しています。月がどの位置に来るかで太陽に照らされた部分の
   見え方が変わってきます。地球からその月を見て確かめてみよう。
   月の出や月の入りの時間もだいたいわかるようにできています。
   満月は一晩中出てるって知ってた?

KIMG2667z.jpg
P1270048z.jpg
DSCF0074z.jpg
posted by レンズマン2 at 18:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう一つ、「紙コップスピーカーを作ろう」があった。
スマホなどで使うにはエナメル線の選び方がむずかしい。(音源がラジオとか同じものでないと結果もちがってくる?)

他の教室だが、蛇腹の単レンズカメラつくりもやりました。(感光紙が製造中止なのでもうできない)
Posted by レンズマン2 at 2018年09月26日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。