2018年01月07日

コンパスとデバイダー

気象予報士試験でデバイダを使う場面は距離を測って移動速度を計算する場合ですが、
コンパスのほうがたしかに精密性には欠けますが、もう一つの使い道が出来るのが長所。
それはある図の寒冷渦や低気圧などの位置を別の図に移そうとする場合です。
経線と緯線が交わったところを2点を軸にしてコンパスで距離をとれば2つの円のクロス点を求めて
同じ位置を知ることができます。デバイダにはできない芸当です。
IMG_0256z (2).jpg


posted by レンズマン2 at 22:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デバイダー、高い金出して買うことなかったかなと・・・。しかし、計算問題ではあまりずれると
不正解になるので、きちんと計るに越したことは
ない。三角定規があればデバイダーと組み合わせて位置を写すことはできる。
Posted by レンズマン2 at 2018年01月08日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。