2017年10月21日

セラミックイヤホンは壊れやすかった

 クリスタルイヤホンはもう売っていない。今手に入るのは、
その代用のセラミックイヤホン。クリスタルイヤホンほどでは
ないが微弱な電流の信号を再生することができる。

 太陽電池につないでリモコンの赤外線信号を受信し
ダダダダというような音を聞いていたが、非常に大きく再生
され、耳が痛いほどだった。しかし、圧電ブザーの代わりに
電子オルゴールにつないだら電流が流れすぎたか瞬間大
きな音だったが、急に小さくなった・・・。
性能は半分以下になってしまった。私の突発性難聴のようだ。

  2石の光送信機を作ってLED1個の光でも、正常なセラミックイヤホンなら
太陽電池でガンガンきこえるが、先の故障してしまったイヤホンでは普通の
100円イヤホン程度の音量にしか聞こえなかった。

結論:セラミックイヤホンは壊れやすい。気をつけて取り扱いをすること。
    リモコンの信号は普通のイヤホンで受信すればよい。

posted by レンズマン2 at 01:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとセラミックイヤホンについてわかったことがあります。それは、太陽電池につないで受信機としてつかっていると突如聞こえなくなってしまうことがあります。もしやと思い、ショートさせてバチッという音とともに復活。つまり、太陽電池に直接つなぐようなことをしていたため、セラミックイヤホンがセラミックコンデンサー?に
なって電気を溜めてしまったと考えられます。
Posted by レンズマン2 at 2017年10月28日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。