2017年04月16日

「プラネタリウムの原理説明器」

黒い天球儀に穴をあけ、中に高輝度のLEDを入れて穴から漏れる光で
星座を投影します。
天球儀からプラネタリウムに移行する考え方の過程がわかります!!

非常に原始的ですが、これで説明が完結します。
あとは自分でやってみたい人はのめりこんでもらいましょう。

水平な地面のつもりです。LEDを配置します。
IMG_0349.JPG
電池がおもりとしてバランスをとってくれます。
IMG_0350.JPG
ライトのスイッチを入れ、半球をかぶせていきます。
IMG_0354.JPG
オリオン座を目印に北と南半球を合わせます。
IMG_0358.JPG
西に沈むふたご座です。
IMG_0340.JPG
高速で回転させてみたらこうなります。
IMG_0427v.jpg
posted by レンズマン2 at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。