2017年04月13日

カラスのせい

近所の家の石垣というか、御影石で出来た石垣が崩されていて、かけらが
下に散乱している様子が見られた。御影石は火山灰が堆積してできた堆積岩
なので、もろい。これまでずっと近所の小学生の仕業だと思っていたが、なんと
カラスがつついてる現場を見てしまった。
おそるべし、カラス。小学生が傘でつついたりすることはよくあると思っていたのだが・・・
またはそれを見てカラスがまねしたか?それとも全部最初からカラスの仕業だったのか?
ちなみに見たときは上の方をつついていた。到底小学生が届く高さではない。
これまでは低い高さの被害が主だったが・・・なんとも言えない。
カラスはなぜつついていたのだろう。砂をたべたかったのだろうか?

KIMG2156.jpg
写ってない上の方から落ちています。(見てわかるが下から2段目もこれまでに
だれかに崩されている。)
posted by レンズマン2 at 02:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
思うに、遊んでいるのではないでしょうか?
カラスに限らず、基本は「食べること」に専念するはず。カラスはアマ無線の同軸ケ−ブル被覆を剥いたり、アンテナバランを壊す遊びをします。
割と高等?なカラスは遊び好きですから、つついてボロボロになる岩面が面白いのではないか、などと思ってしまいます。
Posted by JJ1PIJ/北山 at 2017年04月18日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。