2009年08月13日

細胞分裂の染色法

根っこを切ったニンニクは腐ってきたのでやっぱりすてることにしました。保存した根を使い、細胞分裂の観察をするのも慣れてきました。
ほぼ一定の結果がえられます。染まりきらないところはもう一度はがして染色液をたらしました。その際、裏側を氷で冷やし、はがれないようにします。表のカバーガラス側は指であたためてガラスをはがします。
カバーにくっついてきたのは重なるのですてます。


DSCF1508.jpg
酢酸オルセインは使いやすい、すばらしい。
DSCF1522.jpg
これはメチレンブルーと水で倍にうすめたライトグリーンをまぜてつかったもの。ブルーが核、グリーンが細胞質をそれぞれ染める。
posted by レンズマン2 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック