2019年08月15日

月の満ち欠けファインダー型紙2種

カラー版
月の満ち欠け.jpg

モノクロ版
ファインダー型紙.jpg

構造かいせつ
DSCF0005zz.jpg

作り方
理科ハウス用月の満ち欠け.jpg
posted by レンズマン2 at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こども宇宙科学館の工作教室に採用

hamaginn当日.jpg

私の「月の満ち欠け早見盤」が夏休みの特別イベントチケット制工作教室に4回も採用されています。
(7月23,8月2日、6日、14日、の4回・・・今知った)
どうりで洋光台サイエンス教室のほうではやらないわけだ(おーい)。
まあ、日程、教室が押さえられなかったらしいが、本家の洋光台サイエンス教室でできないのは少し悲しい。

あと、私が理科ハウスからいただいて宇宙科学館に伝えたラビリンスボックス(立体万華鏡)もこの夏の
特別イベントでやっている。こちらは絵を描く面をすこしアレンジしている。

3原色混合器のほうは準備がめんどくさいのでさすがにまだ一般の教室ではやっていない。
天球儀のほうも同様である。こう考えるともっと簡単に作れる方法をさぐっていくのも
ひとつの仕事かなと思う。アイデアを考えても別にだれも褒めてくれるわけでもないが
常に前進し続けることは必要。今の状態はちょっと止まっている。

しかし、この宇宙科学館のページ、知らない間に4回も実施されたなんて・・・
(話はあったけど)本家の教室でできないのは悔しい、がぜんやる気がわいてきた。
もっと簡単にできるイベント教室をバンバンかんがえてやろうじゃないの・・・と。

続きを読む
posted by レンズマン2 at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする