2019年03月31日

電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ)をマイコンのバッテリーに?

スーパーキャパシタ電池などと検索、するとあった。
100Fを2個使った(一個2.7Vなので5Vにするために直列つなぎなのだろう)
製品がすでに存在。

で、秋月で100Fのスーパーキャパシタが売ってるか調べる。

あった!1300円とか、1500円で売っている。
2個使うとなると3000円か・・・
それに充電や使うときの安全な回路などを設計しなければいけないだろう。

バッテリーより軽いと思うので、マイコンなどと一緒に携帯できたら
いいと思う。(ラズパイのことが念頭にある)

またスーパーキャパシタでなく、
普通の携帯の充電池やデジカメの充電池を流用することはできないか?


posted by レンズマン2 at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

「ラズパイZeroWH」のケースを自作する

ネットで見ると、ラズパイZeroがちょうどフリスクのケースにぴったりと言う記事
がたくさん見られる。そこで私も真似してみた。
IMG_0120z.jpg
全部真似ではない。YouTubeにあったのと逆向きに基板を置いてみた。
これでSDカードとカメラケーブル引き出しの穴は逆になる。自分は
この方がいいと思い設計した。
IMG_0112z.jpg
カメラのアダプターケーブル引き出しの
窓は次回まわしとする。

OSのmicroSDカードの穴は2ミリのドリルで開けた。
出っ張りが少ないため取り出すときのために少し上の隙間を拡大した。
IMG_0122z.jpg

最後にしっかり基板を固定するのに消しゴムを切って2カ所に挟んだ。
昨日の午後から取りかかり、今日の午前中に完成。ちょっと肩がこった。

IMG_0114z.jpg
IMG_0117z.jpg


posted by レンズマン2 at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

ラズベリーパイ3B+にヒートシンクを取り付ける

放熱用のヒートシンクを購入。ちょっとしか下がらないということだけれど
ファンの取り付けはまた後日考えることにして一応つけておこう。

それようの接着剤も持ってるが今回はついている両面テープで素直に貼った。
最初にUSB/LANコントローラーです。LAN7515の文字が見えます。
IMG_0090z.jpg

放熱器を貼ったところです。
IMG_0092z.jpg
次にCPUです。CPU+グラフィックCPUが入っているSoCと呼ばれるものです。
BROADCOMの文字が見えます。
IMG_0095z.jpg
青い色がかっこいいでしょう。
IMG_0098z.jpg
裏へいって、えーとこれはなんだか・・・本に書いてないぞ
わかんないものに取り付けてしまった。ちょっと待って調べます。
わかりました。これはメモリでした。
IMG_0104z.jpg
大きめの銅板です。
IMG_0105z.jpg
裏はケースの関係上スペースが狭くなるかもしれないので銅板です。

これで3つ全部付け終わりました。しかし表のラズパイのマークが刻まれた
のは何だ?あっWi-Fi用です。これはまずい。LANよりWi-Fi用のほうが熱を
持つようだぞ。もう一個足りない。どうするか?検討事項です。

posted by レンズマン2 at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

ラズベリーパイ Zero WH

ラズベリーパイZero WHを購入した。
約2000円でWi-Fi、ブルートゥース搭載
3B+との違いはUSBが一つしかなく、しかも
Aタイプでなく、マイクロBタイプである。
HDMIもミニのタイプである。
そしてすごく小さい。

しかし性能などは無理をしなければほぼ同じ
と考えて良い。ためしに3B+で使ってるOS
のSDカードを差し込んで電源を入れてみたら
動いた!ただUSBの変換アダプターがなかったので
マウスが使えず、やむを得ず電源を抜いて終わらせた。

IMG_0032z.jpg
変換コードやアダプターは今注文中である。

IMG_0024z.jpg


posted by レンズマン2 at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

USB接続

今日のラズパイ作業、
  最新のラズベリーパイ3B+は最初の起動がUSBからもできるという
 記事を見つけてやってみた。OSイメージをBalenaEcherというソフトで
 8GのUSBに焼いてみた。
 そして、SDカードは抜いて、焼いたモノをUSBポートに挿してON!
 見事立ち上がりました。今までのラズパイでもできたそうですが、設定が
 面倒だったということで、この3+はそのまま挿してすぐ立ち上がるのです。
 これはすごい!
IMG_0014z.jpg
posted by レンズマン2 at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ラズパイの沼?

知識がないと勝手に操作し、思い込みでおかしくなる。

たとえばテレビのHDMI接続と他のは設定が違うらしい。

いったん設定してしまうと、変えたときに動かない。

あと、アップデートなどして自分でやった細かい設定が

パーになってる?

そのつどバックアップは必要。

posted by レンズマン2 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

スクラッチでプログラムを組む

子供用の本の通りに読み進めていって
書いてあるようにプログラムしてみた。

猫が右に行き端に来たら逆に進む。
上下が逆さにならないようにもする。

ずっと繰り返すプログラムだ。
できた!保存もOK
IMG_2402z.jpg
今日はキーボードは無線でつなげた。
ブルートゥースで接続した。
最初にキーボード側でTABキーとファンクションキーFnを
同時に押さないとコンピュータのほうで認識してくれない。
数秒押してると画面にキーボードの名前が出てそれを選択し、
OKボタンでカップリング成立。
キーボードは使えるようになる。

IMG_2406z.jpg



posted by レンズマン2 at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新

ラズパイのプログラムソフトのスクラッチ、カメラが作動しなかったが、アップデート、アップグレードしたら
正常に動きました。これでスクラッチの勉強に取りかかることができます。やるかどうかは別として・・・。


IMG_2373z.jpg

それよりは定点観測カメラをやってみたい。いわゆるライブカメラですね。
今の岩手山とか、道路状況とか、今日の波の様子とかでライブまたは一定間隔で
とるものです。ストリーミングソフトを入手しなければなりません。

あとはお決まりのLチカとか、制御関係ですね。ゆっくりやっていきます。
ある本ではカメラはラズパイ専用のでなく、手頃なWEBカメラのほうに
重点をおいてる本もある。専用だと配線のリボンが取り回ししにくいのに
比べてWEBカメラだとUSB接続でコードは扱いやすい。そちらもいいかな。
今日はもうここまで。日付変わってしまった。寝ます。   ではまた。
おやすみなさい。


posted by レンズマン2 at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

今日のラズパイ作業



   今日横浜の有隣堂にいき、ラズパイの本をまた
買ってきた。子供用ので、スクラッチというソフトが
最初からインストールされているが、それを使うものだ

そのプログラムソフト中心に解説している。
見るとなんとカメラが簡単に動かせる。

そこでメニューからスクラッチを起動させてみた。
カメラぼたんを押しても画面が出ない。
どうやっても出ない。カメラはちゃんと接続されている。

とうとうネットからスクラッチGPIOというのをダウンロード
ぷらすというのと2つある。どちらもだめ。

で、最初からインストールされてるスクラッチ2というのを
試した(こっちは日本語になってない)ところ、カメラが
動いた。

まあ、本はラズベリーパイ3B+でなくラズパイのZero W
で話を進めているのだが、同じはずだが・・・わからん。

とにかくスクラッチ2で動いたので今日はよしとする
P3130063x.jpg

P3130059x.jpg
posted by レンズマン2 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

ラズパイ、カメラ接続。

カメラ接続をもう少し詳しく。

ディスプレイを一回外す。

IMG_2274z.jpg


コネクタを探す

IMG_2276z.jpg

プラスチックの黒いカバーを慎重に持ち上げる

IMG_2279z.jpg

カメラレンズ。まだ保護カバーがついている。

IMG_2282z.jpg

配線リボンを黒いプラスチック押さえと共にしっかり差し込む。

IMG_2281z.jpg

ディスプレイをもう一度合体。リボンをうまく間から出す。

IMG_2284z.jpg
コマンドを打ち込み、カメラをこっちに向け、リターンキーを押した。
一瞬カメラレンズの側のLEDが赤く光り、写真撮影完了。
IMG_2292z.jpg

ファイルマネージャーを見ると、JPGファイルが増え・・・それを開くと・・・

IMG_2291z.jpg
撮れていました。
IMG_2293z.jpg
posted by レンズマン2 at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

教具としての天球儀

 はじめて天球儀を見たのは教員になってから。
非常に大きく、50cmくらいあったように思う。
そして台帳で値段を見たらすごく高価であった。
まず、なんでこんなものがあるのか?星座を見
たら、なんかおかしい。左右が逆、うらがえし
であった。そして黄道が線路のように引いてあり
日付が入っている。いったいどうやって使うんだ
?と思った。

教具としての天球儀にはこのように黄道に日付が
あるのがいいと思う。太陽をそこにおいたとき、
星座が見える時間が決まってくる。太陽の一日の
動き、日の出、日の入りの時間もわかる。

よく考えると、天球という概念を導入することに
より、星の日周運動や季節による見え方がわかる
ので、星の動きを説明する基礎となっている。

この重要な天球という考え方は、天文学の入り口
の第一歩であり、無視して進むことはできない。

というわけで、もう天球儀作りをはじめて20年近
くなるが、科学館などでやらせていただく機会を
得て5年、ようやく納得のいく天球儀作りを指導
できるようになった。

IMG_2267z.jpg



posted by レンズマン2 at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

メグ10歳


今日が誕生日の人(犬も)おめでとうございます!!我が家の犬のメグも誕生日です。

メグ10歳.jpg

posted by レンズマン2 at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄道上を進む太陽の位置

天球儀を使う際に大事なのは黄道上の太陽の位置です。

星座シールの黄道の下に数字を入れておきました。

3となってたら3月15日ころの太陽の位置です。

従って、3と4の間はほぼ4月と3月の境、3月31日か4月1日と思ってください。

3月2日の土曜日に宇宙教室をやりました。

3月と2月のちょうど真ん中が3月1日と考えて、大体その右あたりが3月2日

(4月に近い方)です。ですからそこに太陽シールを貼りましょう。

黄道上の太陽.jpg

そうして天球儀を回して東から太陽が昇ってくる状態を再現しましょう。

太陽が東の地平線の下にある夜明け前の1時間前ぐらいは(30分だと明るい)

どんなが見えているでしょう。なんと夏の星座のさそり座がもう見えているのです。

同様に、太陽が沈むときも試してください。また、太陽が真下、つまり真夜中に

どんな星座がみえているかもシミュレーションしてください。

そうです、これはシミュレーションなのです。

観察会などで、曇ってしまってやることがないとき、天球儀を持ち出して

見えているはずの星座を確認することもできます。

posted by レンズマン2 at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天球儀つくりも5回目

今やみんな素晴らしい映像のプラネタリウムのほうに気をとられていますが、
天球儀をもっと見直してほしいと考えているのは私だけでしょうか?

退職したら自作の地動説天動説自由自在マシーンを持って、北から南まで
旅をし、地域の理科の先生と交流したいなんてことを考えてました。

モーター付きの天動説地動説自由自在マシーンはさておいて、生徒用の
透明天球儀つくりが、こども宇宙科学館で3回目(4かも)、発見工房で
2回行っています。そのたびにいろいろ工夫をしてきました。

球体の大きさは、12cm(発見工房)、15cm(宇宙教室)、15cm
(宇宙教室)、17cm(発見工房)とやってきましたが、今回は12cm。

本当は見やすいのは15cmなのですが、安いガチャポンのカプセルが最近
粗悪になっているので、物理的に無理になりました。

そこで少々お高いのですが、東急ハンズにあるプラスチックBOX球体12cm
にしました。最初に発見工房でやったのと同じです。

星座シールの貼り方を改善しました。前はいっぺんに6星座つなげて切っていた
のを2つづつにし、球体の内部にガイドの紙をあらかじめ貼り付けておくやり方。
前回、前々回は黄道の線をマジックで引くというので、けっこう苦労しました。
ガイドの紙には星座の名前も書いてあるし、途中の夏至点や冬至点も印がある
ので、大きく間違えることはありません。ほぼ満足のいく完成度となりました。

宇宙教育リーダー仲間でも、このネタの講師を引き受けてくれる人が出て、大変
うれしく思っています。今回の完成度なら、だれでも指導できると思います。


黄道ガイドの紙2人分、あとでこれは剥がすので3カ所軽く内側にセロテープで
留める。
IMG_1734z.jpg

貼ってる様子、北半球と南半球、赤い線(天の赤道)がおわんの縁になるように。
IMG_1749z.jpg
IMG_1756z.jpg

貼り終わったらつなぎ目に貼ったシールにカッターで切れ目を入れ、球体を分解して中の紙を取り出す。
IMG_1870z.jpg

軸は、安全上竹ひごにしました。ストッパーは、手芸店で見つけたアイロンビーズで大丈夫。ちょっときついけど
問題ない。
竹ひご印z.jpg
posted by レンズマン2 at 11:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする