2018年11月19日

どうして流星群は夜中過ぎてからが多く見えるの?

流星群の観測を一晩中見た人ならわかると思うが、なぜか宵のうちはあまり見えず、
夜も更けてゆくと大きなものが見えたりする。でかい火球などは明け方、もう疲れたなと
思ったころ出るから始末に悪い(?)

それはなぜかというと、未明や明け方というのは、地球が彗星の原因物質である塵の中に
突っ込んでいくためで、ちょうど台風の東側が進行方向とあいまって風速が激しいのに似ている。

したがって、「流星群が夜も更けたころが良く見えるのは・・・」

「地球が明日に向けてつっこんでいくから〜〜」(チコチャン風)でどうでしょうか??

posted by レンズマン2 at 10:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

本「人魚の眠る家」

いっきに読みました。感動した。泣いた。すばらしい作品。
                    (60代 男)
PB170425z.jpg
posted by レンズマン2 at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

下町ロケットが面白いのでつい次回の内容の本を買って先読み。
頭の中で俳優の演技を想像しながら読んでしまった。
しかしこの内容だと最低でもあと2回ぶんは放送されるだろう。

IMG_1482z.jpg
posted by レンズマン2 at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

LEDとフォトトランジスタで光通信

 昨年工作教室で行った光通信の受信機をいじって改良中である。
照度センサー(フォトトランジスタ)に当てる光の強さが極端に変化すると
うまく受信できない。したがって受信側に感度調整をつけるか、送信側に光を
散光させフラットにするように半透明のカバーをつけたりする。
または受信側のセンサーに白い散光キャップをつけておく対策が考えられる。

また、太陽光などが窓から差し込んだ場合などもNGである。

LEDと照度センサーを光ファイバーで結べば一定の強さを確保できる。
ただ、それだと有線になってしまいあまり自由度がない。

部屋前面が未来の照明で壁全体がひかり、どこでも同じ照度なら一番いい。

あと送信も受信も赤外の場合、どういう場面で使えるか考えている。


posted by レンズマン2 at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする