2017年01月29日

天体観測手帳2017

おはようございます、
昨日、手帳がほしいなあと書店をのぞいていたら、
こんなものが・・・
天体観測手帳だとぉ?!
・・・買ってしまった。(1280円+税)
P1290052z.jpg
P1290060z.jpg
posted by レンズマン2 at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

むだい、じぇだい、じぇじぇじぇだい

特に話題がないのでタイトルも意味がありません。
今日の太陽黒点です。ほかに写真はありません。
1月28日11時02分撮影
DSCN0399x (2).jpg

明日は東京で〇〇〇〇〇試験を受けてきます。あまり勉強しなかったので結果は・・・
期待しないでください。稀勢の里を手本にがんばります。たぶんあと数回は受ける予定。
道具の点検、鉛筆削った、消しゴムOK、コンパス、定規、マーカーペン、クリップ
そしてさっき安物の時計も買ってきました。受験票よし、今晩もう少し過去問やってから
寝ます。では、出羽、出羽三山、明日は散々?


posted by レンズマン2 at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

胡蝶蘭の向き、ほか

1年前にいただいた胡蝶蘭、手入れもなにもしなかったが、新しいわき目が窓の光の方に
向かって伸び、小さな花が咲きました。いただいたときは観賞用にこちらに向けていたのですが、
考えてみれば、花が終わったら逆向きにすればよかった。そうすれば同じ方向にまた伸びていた
はずです。
KIMG1720.jpg

今日の太陽黒点です。朝のうちは雲があったので、撮影しませんでした。
これは13時38分に撮影しました。
DSCN0399x (2).jpg
posted by レンズマン2 at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

三日月ではなく今日の金星

DSCN0389zz.jpg
望遠鏡なしで、なんとか金星の欠けた状態が撮影できました。クールピクスB700を三脚に取り付け、
点にしか見えないものをパソコンで拡大したら欠けてました。
posted by レンズマン2 at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒点ほか

1月26日14:21撮影 太陽高度約30度
DSCN0362v.jpg

こちらは最近朝9時頃見かける鳥です。このアンテナにとまってるのを見たのは3回目です。
なんという鳥でしょうか?教えてください。IXY32sの4倍ズームではこれがやっとです。
24日9時10分撮影
IMG_0045x.jpg
posted by レンズマン2 at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

金星

金星が西の空に輝いている。
内惑星なので満ち欠けがはっきりわかる。
しかし、コルキットで、その接眼鏡にカメラを
押し当ててでは非常にむずかしい。IXY32Sです。
でもなんとか撮れました。2枚とれてました。
IMG_0056z.jpgIMG_0057z.jpg

一方、一眼風コンデジB700では、
1000分の1にして、ぶれ防止にして手持ち。
こんなもんです。

DSCN0340xx.jpg
posted by レンズマン2 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒点撮影で感じたこと

 オートのプログラムはさすがによくできているが、マニュアルにすると
うまくいかない。シャッタースピード優先にして撮ってみた。やっと撮れた。
 デジタルは設定が見えないから、1枚1枚戻ってもわからない。
だから機械式ダイヤルの方が確実なのだろう・・・Dfとか・・
DSCN0299z.jpg
もたもたしてるとアクリル板が太陽熱で熱くなってくる=ゆらぎの原因?

posted by レンズマン2 at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

南中を少し過ぎた「すばる」

月がまだ出てきません。観望には最適です。
すばるが23時近くもなると南中を過ぎて
少し南西にそれほど高くなく見えます。
おそらく20時頃南中だったのでしょう。
シリウスの南中は22時頃だったのかな?
カノープスが見たければシリウスが南中の頃、
その下にあるはずです。なぜなら赤経がほぼ同じだからです。
水平線が見えるところか高いところに昇るのが
いいと思います。
それはさておき、すばるを撮影しました。
カメラは Olympus XZ-1です。
XZ-2なら液晶モニターがチルトになるのですが・・・
P1220021SB.jpg
トリミングでアルデバランとプレヤデス星団の部分だけにしました。
P1220021SBz.jpg




posted by レンズマン2 at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日後の黒点

1月22日 9時06分撮影  クールピクスB700 カナセライトアクリル板使用
DSCN0232x.jpg
posted by レンズマン2 at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

黒点10個くらい?

先日の観測以来、黒点が増えてます。目立つので5個、細かく見れば10個から
それ以上でしょう。
DSCN0211v.jpg

急に思い出したことがあります。以前太陽観察用のアクリル板カナセライトを購入して置いたので
それを使ってカメラはB-700を超望遠にすれば簡単!!えーと、どこやったかな?あ、ありました!
早速撮影!カメラは三脚に固定、太陽を真ん中に置いてズームしていく。ピントが合ったようなら撮影。
パソコンで確認すると、大成功です!!直接なので天体望遠鏡のように上下逆など気にしないでOK。
DSCN0228z.jpg
これがアクリル板です。以前東急ハンズで購入しました。たぶん今は売っていないと思います。
DSCN0231x.jpg
posted by レンズマン2 at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

USBマイクロスコープ

elecomのUCAM-MS130NSVというパソコンにつなぐハンディ顕微鏡を
買ってしまった。
犬の鼻
20170120_220137x.jpg
パソコンを見る人の目
20170120_215528x.jpg
犬の肉球
20170120_214240z.jpg
posted by レンズマン2 at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謎のカプセル宇宙船(3原色LEDを使った光の合成)

こんにちは、寒気が居座って各地で雪になったりしていますね、
横浜でも朝見たら夜のうちに少し降った雪が白く残ってました。
今、10時40分ですが、またチラチラわずかですが白いものが
ゆっくりと降りてきてます。夜はどうなることやら。
気象庁気象研究所では各地で降った雪の結晶写真を荒木健太郎さん
が集めています。結晶の形から上空の様子がわかるそうなのです。
スマホの接写機能を使うといいらしいが、私にはちょっと難しい。

さて、先日、はまぎんこども宇宙科学館宇宙教室で行いました
工作を少し公開します。
3原色LED(フルカラーLED)を使って色の合成を勉強しようと
いうものです。
発見工房でも昨年10月にハロウィンタイプのものを作ってきましたが
宇宙科学館ではそれを宇宙船カプセルバージョンにしました。
IMG_1376x.jpgkansei.jpgIMG_1374x.jpg

IMG_1369.jpgIMG_1365.jpgIMG_1359.jpgIMG_0940x.jpg
全部混ぜると白に見えることを確認。さらに分光シートで混ざっている成分の色を確認しました。
偶然ですが、子供の科学2月号には3色別々のLEDを使った同じような工作がのっています。
自分でも赤青緑の3つを使って作ろうとしましたが、難しいです。こちらの方が簡単です。(といっても
ちゃんと最適な抵抗などを試行錯誤しています。)
posted by レンズマン2 at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

アシタバ成長中

(うちのアシタバだけじゃなく)
公園に行ってみたら、どのアシタバも新芽が成長中でした。そういう時期なのでしょうか。
毎日寒いですが、これをしのげば暖かい春が来ます。寒い中にも晴れて風がない日は日差しが暖かく
感じられる今日この頃、春はもうすぐという感じです。
(うちのアシタバ)↓
IMG_0018z.jpg

こちらは不断草(スイスチャード)です。
IMG_0017z.jpg
posted by レンズマン2 at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

今日の黒点は?

今日は阪神淡路大震災から22年の日です。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
災害に対する準備を怠らないようにしようと思います。

今日は黒点がいくつか出ています。中学3年の理科で今やっているところではないかと思います。
黒点が現れてるうちに見せたいですね。
DSCF8177z.jpg

posted by レンズマン2 at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

蛍光灯のスペクトル

昔の蛍光灯は連続スペクトルだったのですが、今の蛍光灯は
3色だったりします。
その3色とか4色がはっきり分かれてる様子を分光シートで
確認しました。蛍光灯の太さがあるので、スリットを通した方が確認しやすいです。5色?
DSCF8142z.jpg

こちらは白のLEDです。連続的ですが一部欠けている様子があります(吸収スペクトルっぽい)。
DSCF8153z.jpg

太陽光を三角リズムを通した場合です。そのまま置いて、スリットも通してないのでちょっと乱暴ですが。
DSCF5432z.jpg
posted by レンズマン2 at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

天球儀とプラネタリウムの関係

DSCF8105z.jpg
黒い天球儀の穴あけがだいたい終わった。球体を分解して半分にしてLEDで試し投影。
黒い天球儀の内側からLEDで照らし、壁に投影してプラネタリウムに
してみる。 やっぱり1mmの穴では1mも離れたら大きくなってしまうことが
わかった。ふすま(スクリーン)と50cmくらい離して投影。あまり離せない。
1mmのドリルをもしつかうなら、球体をもっと大きなものにしないとだめ、
まあこれはプラネタリウムの原理を説明するものとして、同じ12cmの大きさの天球儀と
比較させ、同じであることに気が付かせる。要するに天球を光で拡大投影することがわかればいい。
そうして自分でも天球儀やプラネタリウムを作ってみようという動機付けになったら
いいと思うのである。
DSCF8098z.jpg
LEDは色々あるが、レンズのついてない点光源に近いものを選んだ。



posted by レンズマン2 at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

パソコン付属のスピーカー

ステレオコンポのスピーカーがないため、pcの
スピーカー(片側アンプなしのほう)をヘッドホン端子に
つないでいる。ひどい音である。
分解してみる。グラスウールなどを入れたいところ。
ハンドタオルを折って中に突っ込んだ。すこしはましになった。
あまりボリュームは上げられない。歪まない程度の音で
聴いている。(ちょっとなさけないですが)
あとはコンデンサーなどつければいいかもしれません。
DSCF8081z.jpg


posted by レンズマン2 at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

スピーカー改良!

巻数を64回にして音を比べてみました。
あまりよくありません。高音がでない?
54回のとステレオにして聞き比べ・・・
DSCF8052z.jpg
コイルが重くなった分、振動盤が振動しにくく
なったのでしょう。
そこでひらめきました!!コップを2重にしよう!!
未使用のコップに磁石が通るくらいの穴をあけます。
DSCF8073xx.jpg
これはサークルカッター(コンパスカッターとも)
で開けます。重ねてみますと磁石がうまく顔を出しました。
DSCF8074xx.jpg
そしてふちにコイルを乗せます。
DSCF8076xx.jpg
できあがりました。これなら振動盤にコイルが触れないので磁石の動きが良くなります。
DSCF8070x.jpg
低音も高音も良くなりました。
posted by レンズマン2 at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ラップの芯と紙コップスピーカー

エナメル線を巻くのにペットボトルのキャップでもいいのですが、
もっと巻きやすいものを探しました。
小さめのラップの芯が太さがそれほど太くないのでちょうどいい。
これを2.5cmの長さで使用するため、カッターで慎重に切断しました。
DSCF8048z.jpg
なんとかカッターの刃が入ったので、怪我をしないようゆっくりやりました。
これにエナメル線を57回巻き付けて端っこをねじって固定します。
DSCF8028z.jpg
紙コップには内側に1個、外側に2個磁石をつけました。磁力で紙コップの
底を挟みます。そしてコイルをセロハンテープでコップにつけて出来上がり。

DSCF8031z.jpg
よくきこえるようになりました。(といってもまだ小さい音ですが)
このくらいならOKでしょう!
DSCF8041z.jpg

ラップの芯をカッターで切るのがNGであれば、切らずにまきつけるのに利用し、あとでペットボトルのキャップに移してもいいです。単2の電池あたりでもいいかもしれません。

posted by レンズマン2 at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

紙コップのスピーカー

さっそく紙コップの底に内側と外側から磁石ではさんで取り付けます。
磁石が強力なので紙一枚はさんでしっかり吸い付きます。
底にペットボトルのキャップに巻いたエナメル線約50回巻きをセロテープで
取り付けます。エナメル線をジャック付きのミノムシではさみ、
ラジオのイヤホン端子にジャックをさしこむと聞こえます放送が。
実験成功です。
DSCF8020Z.jpg

sp.jpg

DSCF8023z.jpg

posted by レンズマン2 at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする