2016年11月30日

アシタバさらに新芽

アシタバが勢いづいています。
さらに新しい芽が出てきました。17日の写真と比べてください。
IMG_0006b.jpg
posted by レンズマン2 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【本】ニュートリノで探る宇宙と素粒子

平凡社から出ている「ニュートリノで探る宇宙と素粒子」  
という本を東大の物理教室のI先生に薦められた。
梶田さんが書いた本だ。読んでみるととても分かりやすい。
ニュートリノなんて生活と関係ないやなんて思っていたら
大間違い。ニュートリノがなかったら太陽も光らないので
私たちは生きていないそうだ。
IMG_0001kjt.jpg


posted by レンズマン2 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

三つ葉の子葉は何枚か?

追加して蒔いておいた種子が発芽しました。
これを見れば三つ葉といえども双子葉類だということ、
つまり子葉は2枚であることがわかりますね。

mituba.jpg
posted by レンズマン2 at 23:42| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

今日の雪、結晶の写真はちょっと難しいですね。
10時ころは大きなボタン雪のようでこれは・・積もるかと一瞬おもいました。
しかし、1時過ぎてしだいに弱まってしまいました。
3時にはやんでいました。
結晶は撮れませんでしたが、ボタン雪のようなかたまりの
様子がすこしわかります。(横浜市金沢区 24日12:57撮影)

PB240273x.jpg

PB240268x.jpg
posted by レンズマン2 at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

葉の実際の色を写す

デジカメのいいところは撮影しながら実際の色が写るように
何枚でも露出を変えることができるところだ。
フイルムでは、何段階かとったとしてもピッタリの
露出が出来たかどうかはわからない。
葉の緑色がとばないようにかといって暗くなって
しまわないように、みずみずしく写すようにしたいのです。

DSCF0779x.jpg
これは不断草ですまたの名をスイスチャード。ホウレンソウの仲間で葉っぱの部分が食べられます。

DSCF0770x.jpg
これはナスの葉・・・・なんと左右対称ではないのですね。今気が付きました!!
posted by レンズマン2 at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

今日の明日葉?

アシタバの若芽がしっかりしてきました。
PB170011xx.jpg
posted by レンズマン2 at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

初任の頃

よく先輩の先生に連れられて実験講座には必ず行っていた。
その先生は理科教師の特殊性ということをよくおっしゃっていた。
実験のスキルがいかに大事か、新任教師に教えようとしていたのだろう。
だから、実験講座をすごく大切にした。大事な学習の機会を理科教師全員で
参加していた。そのとき授業が自習になってもあとで必ず返すことができる。
そのくらい大事にしていた。
3年一回りを終えるまでにはすべての実験を把握していないとまずいと思った。

しかし最近の若い先生方は昔よりも忙しく、ろくに実験講座にも行かしてもらえない
ことが多いようだ。そうなると講座は参加者が5名とかひどいときは3名とか。
講師がせっかく準備しても非常にもったいないことになる。今でも実験講座は
続いているのだろうか?

だが自分で努力しなくてはスキルは身につかない。

最近はプリントばかりで授業をやった気になっている(あるいはそうせざるをえない?)
教師がおおいような・・・・。頑張って実験のスキルをアップしてほしい。
 オリジナル実験や型破りも結構だが、まずは教科書にあることを確実に安全にできる
ようにしてほしい。教科書どおりにやったことがない人がなぜオリジナルなことができようか?
もちろんそれにはきちんと計画的に準備をしなければならない。行き当たりばったりでは
準備はできないのである。必要なものははやめにそろえておくこと、整備しておくことだ。

すべての理科の先生方が安全にわかりやすい実験ができることを願っている。
posted by レンズマン2 at 22:46| Comment(2) | 教具整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アシタバの大きな花

花がさくと終わりらしい。
葉も巨大である。
食べるならもう少し若い時期の
葉を食べたい。
asitabaf.jpg
posted by レンズマン2 at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

3色LEDで白を作ろう

RGBがすべて入った3色LED、これを使って各色の電流を調整し、
色々な色を合成したり、すべてフルにして白にしたりします。
先日、10月29日に小学生対象に実験教室をさせてもらいました。
こちらの準備は大変でしたが、当日は楽しく作ることができました。
LEDのテストの段階で抵抗を入れずにじかに電源につないでしまった
子が2人ばかりいて、赤が切れてしまい、LED交換をしました。
電池を3本使っているので、4.5Vとなり、直はまずいのです。
なお、ねんのため、少しでも安全を考えて、電池はマンガンにしました。

2週間前中学校に行ったら、理科室で古いアルカリ電池がシューシュー
言っているのがあって、危ないのでバケツに移しました。

最近はマンガン電池はアルカリに比べ、おいてない店もあって、
ちょっと手に入りにくいかもしれません。
(写真はアルカリを使っています。)
IMG_1347x.jpg
IMG_1348x.jpg
posted by レンズマン2 at 09:34| Comment(0) | 教具整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

LEDの使い方

豆電球と違うところは基本的に抵抗を入れて使うことです。
これをやらないと、寿命が短くなります。切れるということです。
また、ある電圧以上でないと電流は流れても光りません。
かといって流しすぎると切れます。間違った使い方はむだを生じます。

100Ωとか、51Ωとかの抵抗を必ず入れましょう。
もちろん電圧が高ければもっと大きな抵抗になります。
抵抗を使わない場合は、定電圧ダイオードというものもあります。
価格はちょっと高いです。

また、明るい方がいいと思って超高輝度などを使いますと、明るすぎて
目を傷めます。生徒に使わせるなら高輝度までにしてください。
高輝度でも超高輝度に近いくらいのものが最近では出ています。
見つめないように指導しましょう。
明るすぎる場合は白いキャップをつけるという手も
あります。
IMG_1345xx.jpg
posted by レンズマン2 at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

海の公園のイソギクは?

今日は久しぶりに海にいってみよう。
途中の街路樹の植え込みにかなりつぼみの熟している
イソギクがありました。
PB060617z.jpg
海の公園まで来たら、意外、イソギクの株も少なくなって
いるようなきもして、しかもつぼみがまだできたばかり。
PB060618z.jpg

メグ(犬)は久しぶりの海にうれしく、どんどん階段を自分で降りていきました。
PB060635zz.jpg

浜ではテントやビーチバレーが見られました。
PB060643z.jpg
posted by レンズマン2 at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アシタバ新芽が出てきた

昨日今日といいお天気になりました。
植物も光をあびて喜んでいます。
アシタバが枯れずに新芽が出てきました。
もうこれでだいじょうぶかな。アシタバの天ぷら楽しみです。
DSCF0765z.jpg
今、収穫できるのは三つ葉、今まで2回採りました。
DSCF0759z.jpg
不断草も成長しています。
DSCF0758z.jpg
こういった葉物は全部食べられるので実がつくものと違ってゴミが少なくてすみますね。
野菜が高騰したときにいいですね。
posted by レンズマン2 at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする