2016年09月30日

分光シート

3色LEDを見てみた
IMG_0903x.jpg
posted by レンズマン2 at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

宇宙の広がりと宇宙の地図

宇宙というのはどこまでひろがっているのだろう。
近い星もあれば遠い星もある。
近いと言っても光の速さで数年かかる。数年なら近い方なのだ。
近いと言っても遠いのが星だ。
で、いろんな星があるものを私たちは同じような方向にあるだけでそれを
線で結ぶ。結んでかってにつないで星座にしてしまっている。
隣にあるように見えるだけで、奥行きは全く違うかもしれないのに。
でもとりあえず星座を覚えることは星に親しむことになる。
私たちは地球から離れないし、太陽の周りを地球といっしょに
3億キロの直径の円を描いて回っていても、宇宙からすれば
動いてないに等しいくらいなんだ。だから星座の形はほとんど変わらない。
そこで無限遠の球を想像してそこに星を配置したのが天球だ。
まあ天球儀は無限遠というわけにいかないから、それを縮小したものと
考えてくれ。見かけの星の動きを知るにはこの天球の考え方が便利だ。
パソコンで星座の動きを表示するときも天球を想定して計算して表している。
非常に便利な考え方なんだ。だから、
宇宙が丸いわけねーとか、有限じゃないのに馬鹿だね、なんて思っているあなた
そんなことはわかったうえで使ってるんだ。この考え方がわかればパソコン上で
動いていく星が数式を使って表示できるし、プラネタリウムだって自分でできる。
そこに気が付いた人は天球儀がどれだけすごいかわかると思う。
プラネタリウムの前に人が入る天球儀があったそうだ(天井に穴があいて星に見える)。
しかし、エジソンが電球を発明すると、「まてよ、天球儀のようなものに穴をあけ
中から電球の光で投影すれば人が入った部屋をわざわざ回さなくてすむ」
「投影機を回せばいいんだ」と気が付いた。スクリーンだって有限な壁じゃないか。
あとは想像力の問題。天球儀を外からみたら確かに裏がえしだ。しかし透明球体の
中に入ったとしてみれば正しい形を見ることもできる。のぞいて想像すればよろしい。
たしかにプラネタリウムはすばらしいし、本物そっくりのような感動があるだろう。
でも、実際に星空観察しなければ疑似体験であることにかわりはない。
天球儀や星座早見盤で確認しながら実際の観望を楽しんでほしい。
posted by レンズマン2 at 23:11| Comment(1) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラクタ箱2

IMG_0976x.jpg
自然観察会の幹事をやっていたときの植物につける名前の荷札(先頭が講師と一緒につけて、最後尾の幹事が回収)
IMG_0959x.jpg
科教協で買った発泡スチロールカッター。岩〇県の岩〇先生から買いました。
IMG_0958x.jpg
100円ショップで購入したもの。腕時計型のカウンター、改造して何かのカウントに使える。ミニドライバーセット。お玉は内側は凹面鏡、外側は凸面鏡。スピーカー。6角レンチセット。
IMG_0986x.jpg
7mmの6角軸ドリル刃(これでプラスチックケースにボリュームの軸が通る穴をあける)と3.2mm普通の刃。
IMG_0967x.jpg
昔の9800時代のパソコンにつける計測装置RS232Cに接続?だったか。横切ったときに計測。時間を測定。
IMG_0951x.jpg
田宮のギヤボックスつき2軸モーター。マイコンで制御する車を作ろうかと・・・。
IMG_0994x.jpg
「月の満ち欠け早見盤」で使う発泡スチロール球ストック。
IMG_0993x.jpg
これは何だ?たしか携帯電波を受けると光る回路か?逓信博物館(古い!)で買ったやつかな?

posted by レンズマン2 at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日のシブ5時に大西さん登場

・宇宙でトイレをするのは緊張するそうだ。何回も
トイレがこわれ、5時間もかけて修理したそうだ。
・また、宇宙船の中を無重力でまっすぐ進むのは
 意外にむずかしいそうだ。
・宇宙食のなかで気に入っているのがロシアのスイーツの
 なんとかいう食べ物。おいしいらしい。先輩の宇宙飛行士から
 伝え聞いていたそうだ。
・ISSのなかで展望台のような場所をキューポラというそうだ。
 「キューポラのある街」という映画があったが、なにかの工場の
 煙突のような意味だったと思ったが。
・船長に床屋をたのんだらスポーツ刈りのように短くなってしまったが
 かえって生活しやすいそうだ。
posted by レンズマン2 at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラクタ箱の中身

いよいよブログのネタがなくなってきたので
今日はガラクタ箱を整理したついでに中身を
紹介しちゃいます。
IMG_0955x.jpg
これは昔の小学生向けの顕微鏡です。

IMG_0957x.jpg
これは秋葉原で980円で買ったブラックライト。上の蛍光灯は別物です。

IMG_0977x.jpg
昔ハムクラブで作ったエレキ―と最近買ったモールス練習機(真ん中の小さい基板)。

IMG_0990x.jpg
カエルと吹き戻しです。共通することはなんでしょう?そう空気の圧力です。

IMG_0991x.jpg
写ルンですを分解するといろいろなことが学べます。
IMG_0968x.jpg
実践発表会で発表者のI先生にいただいたものですいろんな大きさの発泡スチロールを入れて
半分に切ったりします。そしてそれを組み合わせて分子模型を作ります。そのための木枠。
IMG_0973x.jpg
これはなんの変哲もない刺繍わくです。これにビニール袋をとりつけ、いつでも雨が採取できるようにと
考えました。酸性雨の観測をしていたときに考えたものです。

posted by レンズマン2 at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

カシオペヤ座とペルセウス座


お暑うございます。雨もいやですが、暑いのも・・・

29度とかになると耐えられない・・・もう年でしょうか

さて、外を見たら星が見えそうです。ちょっと行ってくるか・・・

と外へ出ていつもの観察広場へ。つくづく星が趣味でよかったと思う

そして今のデジカメがあってよかった。デジカメがあるから星見が

たのしくできる。フイルムカメラだとかなりマニアックにならないと

やらないだろうと思う。デジカメになって敷居が低くなった。

そして星が出ていれば観察が続けられる。これが天体望遠鏡など

では年に何回も使わないだろう。

北東の方角にカメラをむけるとペルセウス座が見える(写る)

そしてさらに北寄りに3のような形でカシオペヤ座が見える。22時ころ撮影

IMG_0898KP.jpg

夏の大三角は西寄りになっている。南中から2時間というところだろう。

このようすだとベガが先に沈みそうに思えるが、実はアルタイルなのかな。あと4時間ぐらい観察すればわか

るはず。
IMG_0899sankaku.jpg
posted by レンズマン2 at 23:04| Comment(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

東急ハンズの役割(昔)

昔、東急ハンズに行けば何でもある。ちょっと高くてもとにかくある。そんなところだった。
今は何もないです。売れるものしか置いてない。
昔は素材関係はまかせろというかんじ。今は素材置いてない、ひどい。
美術関係や、秋の文化祭などでは東急ハンズが頼れる存在だった。
今置いているのは可愛い文房具など、どうでもいいんだよ!そんなもの。
素材以外では例えば放射線感知機などもあったりしてびっくりっだった。
昔のハンズにもどってほしいと思うのは私だけでしょうか?
posted by レンズマン2 at 23:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

受信機を作る本

「気象衛星NOAAレシーバの製作」CQ出版社 鈴木憲次著
基板付き(部品は自分でそろえる。面倒な人はセットを注文できる)
うーん、ハンディ機があるのにわざわざ作らなくてもなー。
でも一応この本は買っておいて損はないだろう。と思って買いました。
もしかしたら専用ということで感度もいいかもしれないし・・・
IMG_0831z.jpg

2mの3エレアンテナもあるので、絶対受信できるはず。

posted by レンズマン2 at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

「根・茎・葉」体操

植物の勉強に飽きたらこんな体操はいかが?
(理科ハウスに来ていたお子さん1名に受けました)

1ne1.jpg

1kuki2.jpg

1ha3.jpg

ハイもう一度
ね、
2ne1.jpg
(宇宙服はやりにくい)
くき、
2kuki2.jpg
は!
2ha3.jpg
(宇宙でも運動は必要)
しつこいですが、もう一回
根、
3ne1.jpg
茎、
3kuki2.jpg

3ha3.jpg
やってみてくれたの?ありがとう!!
posted by レンズマン2 at 15:08| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

気象衛星NOAA19の受信

まず軌道をしらべなくてはいけない。そこでCalsat32というプログラムをダウンロードして
気象衛星NOAA19を選択。12時に観測するはずだったがのがしてしまった。ところが運よく
もう次のパス(接近)の時間だった。14時10分近く。あわてて無線機のスイッチを入れる。
137.10MHzで何か聞こえる(ようなきがする)。しかし室内でホイップじゃ無理か。
3エレでこんどは試してみよう。接近した場合の通過する様子がCalsat32のレーダー画面
の円に描かれていくのがわかっただけでも今日は良しとしよう。

KIMG1452z.jpg
posted by レンズマン2 at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

内臓メモリーのあるデジカメの使い道

コンパクトデジカメにはフジのファインピックスのようにSDカードを入れなくても
何枚かは内臓メモリーで撮影できるものがある。もちろん内蔵メモリーのデータを
後でSDカードに移すこともできる。
授業でもし生徒に使わせるならSDカードなどは管理上かえってないほうがいい。
実験観察などで必要最小限の写真をとってプレゼンで使えばよいのだから。
5枚程度は撮れる。画質をおとせば10枚以上撮れるので充分である。

posted by レンズマン2 at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

無線機のサービス終了に思う

アマチュアの無線機は大昔のモノより比較的最近のモノがどうしようもない。
おそらく、いろいろなメモリーや、ファンクションキーなどをマイコンで
判断しているため、バックアップの内部電池があるのだろうと思う。
そしてその内部電池は寿命がある。だからサービス終了となったら
もう直してくれない。ひどい話だ。まあ、消耗品と思わないといけないのかも
しれないが・・・。だからローテクの方が何十年たっても使いやすいのである。
原始的な機械ほど直しやすいのだ。あと、リチウムイオン電池はあてにならない
ような気がする。たしかにまともなリチウムイオン電池は高性能だが・・・。
自分としてはニッケル水素NiMHの充電式が安全でいいと思う。
 カセットレコーダーなども箱根細工のような細かい作りのモノは一度分解
したら二度と戻せない。その点、意外だがsonyのカセットウォークマンは
分解できそうな感じである。ベルトを交換した記事も見かける。ふたの内側に
ベルトの図が書いてあったりする。ヤフオクでジャンクでも人気がある。これは
分解しても直せる可能性があるからだと思う。もちろんダメな場合もある。
そういったモノに電池を入れっぱなしにしたら危険。発熱するかもしれない。
特にアルカリ。マンガンの時代のマシンにアルカリはやめた方がいい。
・・・と思う。(いいかげんな推測です)
posted by レンズマン2 at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

スマホで顕微鏡

今日、こども宇宙科学館の売店を見ていたら、スマホにつける顕微鏡アダプターが
あった。スマホの自撮りカメラのほうはレンズがピンホールのようで、微小な顕微鏡用
レンズを取り付けるのにちょうどいいのである。顕微鏡レンズと言ってもフックが作ったような
単レンズで、その上に試料を置く。自撮りなので画像もそのまま見れるのだ。
おもしろいと思ったけど今日は買いませんでした。

posted by レンズマン2 at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする