2018年12月12日

白のLEDを赤外に改造

100円ショップの4LEDのライトを全部赤外LEDに交換してみよう。
真っ暗闇の中で光通信ができたらおもしろい。例えばプラネタリウムの
中で赤外光で音声信号を受け、イヤホンで解説を聴くなど。

PC120476z.jpg

白のLEDを全部外して赤外にした。

PC120478z.jpg

デジカメではこのように紫色に写るが、人間の目には見えない。

で、受信機で受けてみると普通に聞こえた!!成功!!!

PC120482z.jpg
posted by レンズマン2 at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

昔の本=「情報整理の技術」・・・方法古いが考え方は役に立つ

K0020036.JPG
個人用データバンクの作り方である。
未来予測はどういう情報を用いてどう判断するかがテーマ。
そのためには情報をどう仕入れるか。
システム構築の考え方、
計画、管理。新聞の読み方。
新聞切り抜き、整理の方法、
カードや台紙の作り方、
情報分析技術、
判断・創造の仕方、
未来予測
マイクロリーダーの使い方(このへんが古い)
接写の仕方
コンピューターの導入
など

今で言うとパソコンやデジカメを使い、文書を保存し、
すべてネットから情報を得て、パソコンに蓄積、
そして見出しをつけて保存、何か調べるときには
引き出しやすいようにし、関連付け・・・これは
もう人工知能AIの導入で創造することも可能。

話は少しそれるかもしれないが、ヤフオクなどで
昔のものが出てくる。売れるまでその写真が出ている。
それは今はもう見られない機器や道具など。
そういった写真だけ集めておけば事典になる。

ニュースの記事は必要ならどんどん収集できるし、
やろうと思えば個人用データベースは今だから簡単に
構築できる世の中になったといえる。
ただ、毎日、漫然とパソコンを見てる人のなんと多いことか。


posted by レンズマン2 at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

外付けハードディスク購入

 パソコンを修理に出してかなりのデータを失った。
しかし、ごちゃごちゃだったのでかえってサッパリした。
(もちろん必要なものは一部バックアップをとった)
また同じような使い方をしていたら同じようにごちゃごちゃに
なるおそれがある。
 そこで今回、外付けHDを購入することにした。

写真画像などはすべてこちらに保存。

そして気象庁のHPからダウンロードした
高層天気図も、紙に印刷してるといちいちインク代がかかるので
とりあえずデータとして保存、ためていくことにした。

あとYouTubeのそれほど著作権上問題ない作品をダウンロードして
これもためていき、暇なときに個人でたのしむことした。具体的には
毎日の「ラジオっぽいTV」や「気象専門ストリーム」である。

YouTubeの保存方法はフリーソフトのクレイビングエクスプローラーが
良さそうだったので、最新版をダウンロードしてみたところ、使い方も
簡単である。むかし購入しておいたフリーソフトの本を参考にした。
ただし、付属のCDはバージョンが古いのでつかえない。
直接ネットからダウンロードすることにした。

高層天気図ばかりでなく、普通の天気図もためていきたい。
あと、ウインドプロファイラーのデータなども。

HDを導入したことでだいぶネット生活が改善されたように思う。
なぜもっと早くやらなかったのだろう。




posted by レンズマン2 at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

写真集製作中

PB290440v.jpg
PB290438z.jpg
PB290444x.jpg
posted by レンズマン2 at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

東に昇ってきた月

今日は暖かくて星もよく見えるのであるが、最近おっくうになってきたのと、
そろそろ近所で怪しまれないか心配なので、あまり外に出たくない。
なので、家の中から月を撮影。

DSCN5925x.jpg
23:07分撮影

もう少しズームしてみた。
DSCN5922x.jpg

やはり最初からズームしてとっておいた方が解像度がいい。
しかし手ぶれには注意だ。
posted by レンズマン2 at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

どうして流星群は夜中過ぎてからが多く見えるの?

流星群の観測を一晩中見た人ならわかると思うが、なぜか宵のうちはあまり見えず、
夜も更けてゆくと大きなものが見えたりする。でかい火球などは明け方、もう疲れたなと
思ったころ出るから始末に悪い(?)

それはなぜかというと、未明や明け方というのは、地球が彗星の原因物質である塵の中に
突っ込んでいくためで、ちょうど台風の東側が進行方向とあいまって風速が激しいのに似ている。

したがって、「流星群が夜も更けたころが良く見えるのは・・・」

「地球が明日に向けてつっこんでいくから〜〜」(チコチャン風)でどうでしょうか??

posted by レンズマン2 at 10:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

本「人魚の眠る家」

いっきに読みました。感動した。泣いた。すばらしい作品。
                    (60代 男)
PB170425z.jpg
posted by レンズマン2 at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

下町ロケットが面白いのでつい次回の内容の本を買って先読み。
頭の中で俳優の演技を想像しながら読んでしまった。
しかしこの内容だと最低でもあと2回ぶんは放送されるだろう。

IMG_1482z.jpg
posted by レンズマン2 at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

LEDとフォトトランジスタで光通信

 昨年工作教室で行った光通信の受信機をいじって改良中である。
照度センサー(フォトトランジスタ)に当てる光の強さが極端に変化すると
うまく受信できない。したがって受信側に感度調整をつけるか、送信側に光を
散光させフラットにするように半透明のカバーをつけたりする。
または受信側のセンサーに白い散光キャップをつけておく対策が考えられる。

また、太陽光などが窓から差し込んだ場合などもNGである。

LEDと照度センサーを光ファイバーで結べば一定の強さを確保できる。
ただ、それだと有線になってしまいあまり自由度がない。

部屋前面が未来の照明で壁全体がひかり、どこでも同じ照度なら一番いい。

あと送信も受信も赤外の場合、どういう場面で使えるか考えている。


posted by レンズマン2 at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

衛星の動きは3種類

普通にボールを投げたらそのうち地球の重力で下に落ちてしまう。
すごく速く投げたらもっと遠くまで行って落ちる。
地球は丸いので落ちながら地球を周ってしまったら後ろからボールが
来ることになる。
落ちないように地球を周る速さは地球に近いほど速い。
ISSなど人工衛星は地球から400kmぐらいのところを
飛んでいる。90分で地球を1周してしまう。
もっと離れた人工衛星で3万6千kmの距離にある静止衛星は
その速さが地球の自転と同じため、静止してみえるのだ。
さらに遠くの月(38万km)はもう地球の自転の方が速いため、
ホントは月も西から東へ公転しているのにあたかも東から西へ
動いて見えるのだ。

火星の表面では衛星のフォボスとダイモスは逆に動いて見える。
なぜならダイモスの方が遠いため、火星の自転よりゆっくり火星の
まわりをまわっている。つまりダイモスと火星は地球と月の関係と
同じだ。ダイモスが公転している方向と逆に進んでいるように
火星にいる人からは見えてしまうのだ。
逆にフォボスは地球とISSのような関係。静止軌道より内側の軌道
を速くまわっている。このように静止軌道より外か内かで動きが
違って見えるのである。



posted by レンズマン2 at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

今日は八王子

大学時代のなかまと年に2回、昼食会(飲み会)を開いています。
横浜でやることが多いのですが、今日は八王子です。
TM君のお店に行きました。近くのSM君も参加です。
途中、TY君からも電話があり、SM君とお話ができて
良かったです。次回は5月の第四?日曜日の予定。

posted by レンズマン2 at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

イソギクのつぼみ情報

海の公園のイソギクがつぼみを持ち始めました。

IMG_1363z.jpg
posted by レンズマン2 at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

天球儀、サイズ別の大きさ計算

たとえば視直径20度の星座があったとして、12cmの天球儀上ではどんな大きさになるか。

まず360度つまり天球儀の外周の長さを半径から計算する。

そして20度は360度に対して18分の1だから外周の18分の1ということになる。

では各星座の主な部分の長さを測っていこう。これは星図から何度分の長さかを調べる。

IMG_1357z.jpg

ふたご座では長い方の長さは約20度、したがって12X3.14という外周の18分の1の大きさになる。

12X3.14=37.68だから 37.68÷18=2.093cm

12cmのばあい、20度ならだいたい2.cmとわかりやすい。



posted by レンズマン2 at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

フイルムカメラの使い方は・・・と

ふと、フイルムカメラで星を長時間露出できるのかなと考える。
するとそこにCANON EOS5があった。
CANON EOS5 の電源はどうやって入れる?
みたらフイルムが入ってない。
フイルムを入れたら動き出すかも。
前に買っておいたフイルムを開けた。
ことしの12月が期限だった。まだあたらしい。
ベロの部分を印の部分まで伸ばしてふたを閉める。
なにも起こらない。
ロック解除してなかった。
LからPのプログラムオートにしてみる。
動き出した。1枚目準備完了になるまでフイルムが送られる音がした。
液晶表示が出た。
シャッター半押しすると測光、およびピント合わせが始まった。
ファインダーの中に赤い測光箇所が表示される。
たぶんこれでいつでもとれる。
またロックしておく。
長時間露出はよくわからない。
シャッター優先は30秒まで表示が出た。
バルブはわからない。ない?
あした、うちのお犬様を撮ってやろう。
慣れないとだめだ。
posted by レンズマン2 at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリオン座流星群は?

今日は雲がほとんどない珍しい夜空。
そしてオリオン座流星群だという。
だいたい流星群というものは経験上、
明け方にでかいのが現れることが多い。
だから日付が変わらないうちはまだまだ。
で、ほんとに2個しか見えなかった。
しかも変な向きに飛んだやつ。
いつもの公園の街灯がめちゃくちゃ明るくなってる。
LEDに変えたのだろう。光害だ。
そして今日は月も結構明るい。せっかく晴れても
条件はあまりよくない。しょうがないから月も撮る。21日23:09

DSCN5663z.jpg
そして海でずっと見ていたが三脚を持ってこなかったので
海の杭に押さえつけて撮影。とうぜんぶれてる。これでもぶれてなほうのコマ。21日23:57
DSCN5689z.jpg
帰りにカシオペヤ座が北極星の上にあるのを撮影。これも空き地の杭を利用。カシオペヤがWでなくMになっている。22日0:31
DSCN5698z2.jpg
posted by レンズマン2 at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする